ハイヤー運転手 ブログ ハイタク業界

東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介

お知らせ

記事一覧

ハイヤーとタクシーの垣根が崩れる日は目前に

 ■ハイタク業界トレンド
事前確定運賃サービスの登場ハイテクノロジーを活用した顧客サービスを追求していこうと各業界で様々な取り組みがされている中で、ハイタク業界においても、時代の流れに…

記事を読む

理系と文系の話

 ■サービス
理系と文系の話大手電機メーカーの重役とその部下らしい方が後部座席に乗り込むと、これから訪問する取引先について話し始めました。すると「だから文系は面倒だよ」おも…

記事を読む

夜間の工事にご用心

 ■教訓
会食の後、東関東自動車道を利用してお客様を千葉の宮野木の先、貝塚までお送りし やれやれ、一仕事終えたから帰りは幕張PAにでもよって、 コーヒーでもすするとするか…

記事を読む

ハイヤーとタクシーの垣根が崩れる日は目前に

事前確定運賃サービスの登場

ハイテクノロジーを活用した顧客サービスを追求していこうと各業界で様々な取り組みがされている中で、ハイタク業界においても、時代の流れに乗った新しい顧客サービスの試みがあります。

それが、最近ニュースで話題になっている、タクシー料金の事前確定運賃サービス。

実証実験は終了した模様ですが、
(実証実験期間…2017年8月7日(月) 9:00 〜 2017年10月6日(金)24:00)

空車表示.jpg

ハイヤーの方では、すでにアメリカから上陸してきたウーバー社が、東京、福岡を中心に、スマホを使ってお客様のいる場所にダイレクトに配車し、カードで料金決済するサービスを展開しています。当初はハイヤーサービスを中心としていましたが、提携するハイタク会社が増えたとみえ、今ではウーバーアプリから「ハイヤー」「ブラックVAN」「プレミアムTAXI」「TAXI」を選択できるようになっています。

2020年 東京五輪を見据えたこのウーバーの動きに対抗するもくろみもあるのでしょうか。ついこの間(2017年1月末)初乗り運賃の改定をしたばかりのところへ、この矢継ぎ早のサービス投入の試みには、業界をけん引する大手ハイタク会社の危機感がにじみ出ていることを感じざるを得ません。

利用客のメリット

利用客にとっては、自分が行きたい目的地までの料金が一体いくらかかるのか、途中渋滞に巻き込まれてしまったときに料金はどうなるのか、また到着直前にメーターが上がってしまうあの独特の気持ち悪さを味わなくても済むというもの。

今まで、そのような経済的、心理的な面のせいでタクシーの利用に足踏みをしていた人たちも、このサービスが本格稼働すれば、利用率が飛躍的に向上するのではないかと思われます。

運転手にも優しい

運転する側にもメリットが大きいと思います。
お客様の反応に一喜一憂し、神経をすり減らすようなことが少なくなる。
渋滞に巻き込まれた時に、お客様同様、運転する側も料金の変動が気になっていましたが、それが解消されます。
また、道を間違えたり、回り道をしてしまっても、料金は既に確定しているので安心して目的地にご案内できるという意味では、運転する側のストレスもかなり軽減できるとても良いシステムではないでしょうか。
精神的負担の軽減から、より安全運転に集中できるので、営業中の事故抑制にも効果をもたらすに違いありません。

taxi mater.jpg

実はタクシーメーターは自分では絶対に動かすことができない、まさに聖域。
わたしがタクシー研修で経験した苦い思い出の一つに、「新人だ」と挨拶して、マニュアル通り、すぐさまメーターに手をかけ、乗車スイッチを押す。
すると、「やっぱいいや」と車を動かす直前にお客様に降車されてしまう場合があるのですが、
ワンメーター分の売り上げはその時点でしっかり計上されますから、精算時に自腹を切る羽目になるのです。(研修時には、すぐに配車デスクに連絡することで後程お金はもどってきましたが・・・)

また、いつも利用している区間だからと、「これでお願いね」と、最初に料金を投げつけるようにして出すお客様がたまにいて、実際目的地に着いてみると出された金額をはるかにオーバーしている。なんてこともあります。
お客様はしてやったりと気分がいいかもしれませんが、そんな時の運転手の胸の内は複雑でした。
事前運賃確定は、そういうお客様から受けるストレスから解放されるのです。

経営者側は頭を痛めているに違いない

一方、タクシー会社の経営者側に立つと、これがまた複雑な気持ちになるかもしれません。

何せ、このシステムを導入するのにある一定の投資が必要になりますし、
また、収益の面でも、事前に決めた料金より、実際に走行した方が若干割高になるのではという
実証実験の結果もあります。数%でも減益してしまうとなれば、諸手を挙げて歓迎はできない事は言うまでもありません。
5年10年先、投資分を回収できるのか、そろばんをはじく音が聞こえてきそうです。

この形態はハイヤーと同じ

乗車前に事前に料金を決定し同意のもとで乗車する
これって業界ではハイヤーがやっていることです。

という事は、このサービスが広く浸透するようになると、タクシーとハイヤ―の垣根はますます無くなり、違いというのは単に車のグレードだけとなるでしょう。
すでに最近ではハイグレードタクシーといって、クラウンやマジェスタハイブリッドクラスやアルファードなどのワンボックス車が登場していますし、MKタクシーでは、BMWやベンツといった外車まで導入していますから、そうなると

タクシー提灯有り
ハイヤー提灯なしの貸切車両

いってみれば、鉄道における、普通車、指定、グリーン車、新幹線といった区分けと同じようになっていくという事でしょうか。

会社、お客様、従業員、このどれもに恩恵をもたらすサービスなら拡散間違いなしなんですけれど、実証実験後の結果が気になります。

さて、どうなっていきますかね。


暖かな応援クリックを(ランキングサイトにリンク)
・・・↓↓↓↓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

理系と文系の話

理系と文系の話

大手電機メーカーの重役とその部下らしい方が後部座席に乗り込むと、
これから訪問する取引先について話し始めました。
すると

「だから文系は面倒だよ」

おもむろに飛び出したこの一言がハンドルを握る私の耳につき刺さり、
その後の話の展開に耳をダンボにして聞き入るはめになりました。

hirecar.jpg

この重役は、文系のまどろっこしさに辟易すると言うのです。

話をするにしても、すぐに本題に入らず、
やれ天気がどうの、食い物が何だと回りくどい。
パパパっと単刀直入に結論から話を持っていかない
それが何とももどかしく、気持ちを苛立たせるらしいのです。

「中身のない話を延々とした挙句に
最後の最後になって結論をもってくるんだ。
だから文系は面倒なんだよ。そうだろ?」

同乗する部下に相槌を強要しました。

理系、文系の選択は高校時代から

久しぶりに耳にする理系とか文系いう話

高校時代、卒業後の進路に大学進学を希望すると、、
選択する学部によって入試科目が違ってくることから、
受験準備のために、遅くても高3進級時には否応なしに
文系、理系のどちらか一方に決めておかねばならなかったことを思い出しました。

ちなみに私は文系を選択。
中学では数学はそこそこできたのに、
高校に上がると運動部に入って毎日練習に明け暮れたあげく、
学業をおろそかにしたせいで、
数学は高2進級時にはすでについていけない状態に。
数学がだめだと、物理、化学もあわせてダメになる。
よって、文系を選ぶ以外になかったというわけです。

それに、家系的にみても、父親は経済学部、母、祖父母共に文系。
遺伝子レベルでも圧倒的に文系の家系なのです。

gakusei01.jpg


理系タイプ 文系タイプ

お客様は理系と文系を大学の出身学部によって選り分けて言及してたようですが、実際は大学の出身学部といよりも、その人の思考によって理系タイプ、文系タイプと大きく二つに分けられるのではないでしょうか。

思いつくキーワードをあげてみると
理系タイプは、合理性、効率、結果、冷静、論理、機械、数式、公式、原理、物理、化学 等々
文系タイプとなると、プロセス重視、付き合い、礼節、感性、感覚、感情、ひらめき、芸術、音楽、美術、教育となるでしょうか。

また、最高学府である大学や大学院まで進んだ人達は、ゼミやレポート、卒論など、研究課題に沿って論理的思考を徹底的に訓練されるので、思考が理系タイプにかなり傾くでしょうし、
その中でも特に理科系学部出身者は人柄にも顕著に現れてくる傾向があると思います。。

今回のお客様は最先端技術を駆使した製品を世に出していくメーカーだけあって
社長を筆頭に社員は大方理系学部出身者で固められているようでした。
だから尚更に文系タイプの人間は別の世界に生きる人種のように思えたのでしょう。

理系タイプのお客様はサービスにこだわらない?

そういえば、
ハイヤーを利用される方も、この理系タイプ、文系タイプで
我々のサービスに対する反応が違っていることに気づきました

理系タイプのお客様は、往々にして、さばさばとしており、
時間通りに目的地につれていってくれればそれでよし。
丁寧な挨拶やドアサービスなども、ほどほどにして自然体でOKだという感覚
ですから、もてなす側としてはあまり気を張らずともすむ、いわゆる「良いお客様」

一方、文系タイプはどうかというと
感性が鋭く、直感的に良し悪しを判断する傾向が強いため、
挨拶やサービスの質に結構うるさくて、人物評価もなかなか厳しい。
そこにきて、その日の気分の上がり下がりが影響し、態度が変わるという人
気をつけないと予想もしないクレームを言ってくるというタイプ

一般的にみると、理系タイプは男性的、文系タイプは女性的だと言えるかもしれません。

「いい仕事」をしたい

人を分類したり、タイプを決めつけて評価するのはよろしくないという思いはあります。
でも、どうせやるなら「いい仕事」をしたい。

だったら、
接客において一期一会となるケースも多いこの業界の仕事なんだから
そのお客様にピッタリ合ったサービスを提供し満足していただくためにも
早い段階でお客さまのタイプを把握する手立てとして
このような理系タイプ・文系タイプという分け方の視点をもつことも
接客スキル向上に役立つのではないかと思った次第です。

暖かな応援クリックを
・・・↓↓↓↓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ

夜間の工事にご用心

会食の後、東関東自動車道を利用してお客様を千葉の宮野木の先、貝塚までお送りし

 やれやれ、一仕事終えたから帰りは幕張PAにでもよって、
 コーヒーでもすするとするか


などと一人でぶつくさつぶやいた・・・

時計は夜9時をまわり
ここから営業所まで1時間もあれば戻れるし
次の日は非番
こういう時ほど開放感に浸れるときはありません。

夜の湾岸道路は車の流れが良いので、
車に搭載されたオートクルーズ機能が使える
空車だと急な加速やブレーキがかかってもなんということはない
ここぞとばかり足を投げ出しながら
ご機嫌の運転で習志野あたりまで順調に来ました。

kouji.png

ところが徐々に混み出して、減速に次ぐ減速
四方を大型トラックに囲まれながら、ノロノロと走っていた車が、
とうとう完全に停止するまでとなったので、

 もう夜の10時を回っているのにこの渋滞はなんでだ? 事故か?

この時点でスマホを取り出し、高速走行で確認できなかった交通情報を見ると
今走っている付近だけが若干混雑を示す赤色に染まっているけれど、どうも事故ではないようです。

 夜間だし、きっとこれは工事か何かで車線規制をしているんだろう

しかし、その後も
約20分ほど時速20キロから30キロ程度しか出せないような状態が続くと、
さすがに気持ちは萎えて、だんだんとイライラしてきました。

すると、前方、暗く垂れこめた空にむけて工事現場でよく見かける黄色い照明がちかちかとしだしたので

 きっとこの先が渋滞の原因を作っている場所に違いない

さらに先に進んでいくと
追い越し車線の右側に赤いパイロンが立ちはじめ
前方を走る車が一斉に左ウインカーを点滅させながら車線変更を始めたので

やれやれ、これで渋滞は解消されるんだな、と希望を持ったわけです。

渋滞の原因

この夜間の大渋滞を引き起こした要因は、
工事のために、二車線も潰していたこと

道路工事は、交通量が少ない夜間を利用するのは当然のことでしょうが、
湾岸道路は物流の大動脈
今やネット社会となり、物流は増える一方なので
夜間だからといっても二車線潰すんだったら
分かりやすい情報を提供してほしいよ

休み明けに営業所で、よく顔を合わす同僚に向けて鼻息荒げて説明すると

 「おれも何度か夜間の渋滞にはまったんで、
  今は夜間といえども交通状況をチェックして
  工事の場所をなるべく回避しているんだ」


と、そんなのも知らなかったのね、お気の毒様・・・と別段驚く様子もない
なんとなく同情を期待していた私は冷や水を浴びせられた気分になりました。

 なあんだ、すでに経験済みなんだ…

しかし、こんな時、いつも思うのですが、
事前にこういうことがあるから気をつけるべきだよと教えてくれたら、
余計な無駄足踏まずに済むのにな

同じ轍を踏みながら成長する

事故や違反といった営業にマイナスとなることは普段から情報の共有化を図る努力をしているのに、
お金と結びつかない、大したことではないが、
それでも知っているとお得な情報や、苦い経験というものは、
皆さんそれぞれ持っている引き出しにしまったままで、
なかなか日の目をみないもの
だから、後輩たちは同じ轍を踏んでいくしかないという現実があります。

sorry.png

あの日は1時間もあれば帰れるところを結果的に2時間半もかかってしまい、
営業所に戻って洗車をしたら終電を逃す羽目に。
非番の日なのに朝帰りでした。・・とほほ

だからハイヤードライバーの皆さん、
夜間、高速道路を利用される時には、この教訓を思い出していただきたい。

 夜間といえども侮るなかれ、交通情報は発車前によくチェック
By 東京ハイヤーマン


暖かな応援クリックを
・・・↓↓↓↓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
高級車.jpg
  
カテゴリ

ドライバー ブログランキングへ にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
最近のコメント
【参考】羽田空港のVIP口 レアケース
 ⇒ 東京ハイヤーマン (09/07)
 ⇒ (09/07)
ハイヤーのおいしい仕事…ゴルフ送迎
 ⇒ 2年目ハイヤーマン (08/05)
3年ぶりに訪れた首都高八重洲線 東京駅八重洲地下出口
 ⇒ 東京ハイヤーマン (03/16)
 ⇒ マグネシウム (03/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/17)
 ⇒ ATSUSHI (02/17)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/14)
転職先をタクシーにするかハイヤーにするか タクシー研修経験こぼれ話
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/31)
 ⇒ uchukuzi (01/30)
 ⇒ nyantama (12/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (12/14)
 ⇒ nyantama (12/14)
2017年 元旦 新年のご挨拶
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/25)
 ⇒ nyantama (01/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/09)
 ⇒ nyantama (01/09)
ハイヤーの労働環境
 ⇒ nyantama (11/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/22)
 ⇒ nyantama (11/21)
 ⇒ ルパン (11/19)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/07)
ハイヤーの事故
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/16)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/10)
プロフィール
●年齢:50代
●家族:妻・子供あり
●住まい:東京都内
●職業:ハイヤー乗務員
●E-mail:hireman50@gmail.com
●経歴:東京出身。大学を出た後、
    教育関係の仕事に就く。
    一時独立したが頓挫。
    その後いくつかの業種
   (新聞社、病院検査会社、
    不動産、リフォーム建築)
    を経験。2008年、営業系の
    仕事を希望して再び転職活
    動し、唯一内定をもらった
    ハイヤー会社に再就職し
    現在に至る。
ファン







Amazonランキング1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン
⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓
bana-1.jpg
期間限定¥1000 → ¥0




Copyright © 走れ! 東京ハイヤーマン All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

日本レコード商業組合