書類選考通過後、運転技術をチェックされましたが、
採用担当者からいくつかの確認事項ということで言われた中で、
覚悟しなければならない重要なことがありました。
それは労働環境面についてです。

入社後に段々とわかってくるのですが、
一番問題になるのは、思った以上に時間を拘束されるということなのです。
扶養する家族をお持ちの方は特にこの点で躊躇してしまいます。

運転時間はそう長くはありませんが
たとえばお客様が所用を済ますまで待機するということ。

勤務時間(一般的に通常午前8時から午後5時)内の仕事だけでは
収入にならない仕組みになっていて、どうしても早出や残業をするようになります。
これは家庭もちの乗務員なら、みんな率先してやっています。

勤務時間外の仕事では、たとえば夜、会食の場所に送った後、
2時間、3時間と待機し、そしてお客様のご自宅までお送りして営業所に帰ると
深夜0時を回ることもしばしばです。
(※最近残業時間の規制により減少傾向となっている)

いったん仕事を締めててから洗車をしますから
自宅に帰ることができず、会社に宿泊することも珍しくありません。

このような労働条件を受け入れられるのか
という問題があるのです。

暖かな応援クリックを
・・・↓↓↓↓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村