どんなにステイタスの高い職業でも
実入りが少なければやりがいは薄れるし夢がなくなります。
ハイヤードライバーが一体どの程度収入を得ているのか
気になるところでしょう。

もちろん会社によって違いますが、
共通しているところは、固定給ではないということです。

基本ベース(基礎給与)実績(実際の運行…時間、距離)の合計

となっています。

基礎給与は会社によって幅がありますが
だいたい10万〜18万の間

手当といえば
 乗務手当
 車両管理手当
 前日宿泊手当
 公出手当(いわゆる休日出勤)
 残業手当
 深夜業務手当
 ゴルフ送迎手当

等々で、もちろん会社によって種類も金額もまちまち
 
ですから、
やればやっただけバックのある仕事ではありますが、
問題は、仕事量が希望通りにならないことが多いということ。
特に俗にいうニッパチ(2月、8月)の仕事量の落ち込みはきついものです。

また、体力的な面から、仮に仕事があったとしても限界があります。
と言いますのも、
ハイヤーの利用者は、一般的に早朝の利用と勤務後の利用が多いので、
いわゆる、早出、残業を繰り返しこなしていくと、さらに日中も稼働すれば
十分な睡眠がとれず疲労が蓄積していきます。

そうなると当然運行の安全面に支障がでてきますから、
おのずと収入の限界線が見えてくるのです。

また、昨今では高速バスの事故や電通の問題などから、
乗務員の長時間労働に対するチェックが厳しくもなっているので
稼ぎたい意欲満々であっても抑制されるようになりました。

従って、年功によるベースアップがあっても
年収にして600万が限界点といったところではないでしょうか。

ichimanensatu.jpg

新人でも手取り30万くらいの収入を手にしている人がいますが、
そういう人は未経験者であっても、接客業の経験があったり、
比較的都内の道に明るく、堂々とした物怖じしない雰囲気を持っている人になります。
なぜなら、そういう人に配車係が仕事を振り分けるからです。

最近では、人材難から研修期間(3か月から長くて6か月)の給与保証を謳う会社が多くなっていますが、
その期間が過ぎるころまでにどんな仕事もそつなくこなせるようにならないと
保証期間がなくなった途端にガクンと手取りが減って悲鳴をあげるようなこともあるので要注意です。

とにかく、忙しい月もあれば、仕事があまりない月もあって、
給料はその月の仕事量によって決定しますから、この仕事は「水商売」と同じなのです。

今まで固定給に慣れてきた会社員の方は、よく心得ていただきたいところです。

暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村