体が資本

2015年は私にとって実に短かい一年でした。

仕事以外のことで、何かと気を遣うことが多かったせいでしょう。

自分が年を重なるということは、私の親も、そして子供たちも
年を重ね、変化していきます。

そして一同みな健康でいて下さると、
感謝の気持ちが自然と湧いてきます。

実は、今年、妹が交通事故にあい、
母は朝おきがけにバランスをくずして転倒して
その際に、床に手をついたことで骨にひびが入り、
さらに足首をねんざするという事態が発生しました。

幸い二人とも大事にはならず
軽微なもので済んだのですけれど、それでもひと月は思うように体が動かず
苦労を強いられていました。

今まで元気だった人たちが突然に体の不調を訴えるというのは
自分にとって衝撃が大きかったです。

普段何もなく健康でいられるということの
有り難さが身に沁みました。

何をするにしても体は資本ですからね。

一家の大黒柱

私は50代中盤になり、以前にも増して親の面倒や、
子供たちの教育のことを考えて生活しなければならない立場になりました。

「一家の大黒柱」という言葉がありましたが、
私もいつの間にか背中にいろいろな荷を背負って立つ
一つの家庭の柱的な存在になっていたのです。

自分にもしものことがあったら
家族は路頭に迷う・・・
最低限、健康には気を付けなければ・・


おっと・・
空車時は特に悩みごとを抱えながらハンドルを握るのは禁物。

リスクは大なり小なりありますが、
押し寄せる不安にイチイチびくびくしても始まりませんよね。

「自分が進化し続けることが、もっとも安全である」

わたしの好きな言葉を思い出しました。


2016年 新しい年をどう過ごすのか
自分を進化させる新たな挑戦が必要だと考えました。

皆様、来年も引き続きどうぞよろしくお願い致します。

暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ