成田空港にて出迎えたお客様を、そのまま羽田空港にお送りするという仕事を担当した際のこと。

国内線ですと、一般にJALは第1ターミナル、全日空(ANA)は第2ターミナルから出発することになっていますね。
ところが、今回のお客様は全日空を利用するのにもかかわらず、第1ターミナルからの出発となっていました。

ところで、そのお客様を迎えるにあたり、成田では全日空のVIP口に車をつけて迎えるよう指示されていましたから、当然羽田空港でもVIP口にお送りするものであろう…
ハイヤー運転手なら誰もが当たり前に考えることです。

こういうことは出発前に配車デスクから具体的な指示があるのが通常ですが、今回は最近ある企業の専属の仕事を担当するようになり、直接秘書から連絡を受けた仕事だったのと、
私の中に、羽田の第一ターミナルにも全日空が準備したVIP対応の入口があると思っていたこともあって、あとで直接空港に電話して確認を取ることにして、とりあえずそのまま出庫したのです。

酒々井PAは成田送迎の待機場所に最適

成田空港のお迎えの仕事の時は、いつも若干早めに出発し、酒々井PAで時間調整をすることにしています。
というのも、国際線は偏西風の影響や現地出発時間の変更などで、到着時間が大幅に変更されるケースがありますよね。
空港で長時間待機を強いられるより、15分もあれば空港に行けるこの酒々井PAで時間調整した方が何かと利便性があります。(昼時はおなじみ松屋もあって重宝します)
ですから、このPAの駐車場に来ると、多くの営業車両が時間調整しているところを目にします。

sisuiPA.jpg


余談ですが、以前なら各空港のフライトインフォメーションのサイトにアクセスして、到着時間を確認していましたが、最近ではグーグル検索が進化し、直接便名を入力するだけで、到着予定時刻を知ることができるようになったのはとても助かっています。

フライト情報.jpg

羽田空港への問い合わせ

さて、酒々井PAにつくなり、さっそく羽田空港に電話をして、車の付け場所を確認することにしました。
まず、連絡先を調べるために「羽田空港第1ターミナル VIP口 電話」で検索をしてみたのですが、どうも欲しい情報が出てこない。しかたなく「羽田フライトインフォメーション」から空港の総合案内の電話番号を探し出しました。

 03‐5757‐8111

日本語対応は1を押す。
さらに全日空が対応してくれる番号を押すとオペレーターが電話口にでました。

「第1ターミナルから出発するANA便の搭乗の際に、VIP対応で特別な入口がありますか?」

応対した女性は、施設に関して詳しくないことから、上司に尋ねるといって一旦電話は保留に。
そして、再度電話口に出た担当者は、

「VIP専用の電話番号はお客様が知っているはずです。こちらではわかりません。」

という回答でした。

私はすぐさま、こちらの知りたい情報を相手がよく理解していないのではないかと思って

「私が知りたい情報というのは、電話番号というよりも、第1ターミナルでANA便に搭乗するお客様を迎えるVIP口があるのかを教えてほしいのです」と言うと

これまた「こちらではわかりません 申し訳ありません」という答え

どうやらフライト情報の専門部署だったことで、施設に関する情報を持ち得ていないようでした。

「ならば、全日空の会社に直接電話して訊いてみます。連絡先を教えて下さい」
と、私もこの対応にあきれた声色で聞き返しましたが、すぐに回答がないので、
これは使えんな・・・もうちょっと具体的な部署にしないとやはり埒があかないだろうと考えなおし

「羽田空港にあるANAの連絡先を教えてください」

そう言うと、教えてくれた番号は、なんと私が最初にかけた空港ビルの総合案内の代表電話番号だったのです。
コールセンター.jpg

聴き方を間違えると、目的の情報を得られない

ここであれこれ文句を言ってもはじまらないので、一旦電話を切って再度代表電話にかけなおし、今度はANAでなく、直接オペレーターが対応してくれる番号を選択してみました。
そして、電話口に出た人にさっきと同じ質問をすると、
今度は不思議に、すんなりANAのVIP口につながる電話番号を教えてくれたのです!

どうなってんの???

それが、03‐6428‐3777(ANA VIP)

なあんだ、

やはり問い合わせするところを間違えた模様です。

教えられた電話番号にかけてみると、先ほどのダメオペレーターさんとは違い、こちらの質問にすぐに明解な回答を下さいました。

「第1ターミナルには全日空のVIP口はありません。従って、通常の出発階からのご搭乗となります。」

そこで、私はこの担当者にさらに質問をしてみました

「では、反対に第2ターミナルでもJALのVIP口はないのでしょうか?」

「はい、ございません。」

ということでした。

フライト情報003.jpg

今回学習したことのまとめ

それで今回学習したことをまとめてみますと

  第1ターミナルには全日空(ANA)のVIP口はない
  反対に第2ターミナルには日本航空(JAL)のVIP口はない

ちなみに今日(5月7日)のフライトインフォメーションをのぞくと
第1ターミナルから出発するANA便は北九州便しかありませんでした。
(1日10便の出発 10便の到着)
そして第2ターミナルから出発するJAL便は一便もありませんでした。

結局 ANA羽田⇔北九州便についてだけ、要注意ということがこれではっきりしました。

なるほど、だから第1ターミナルにはANA用VIP口がないんですね!

納得です。

暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ