■暴露のカテゴリ記事一覧

東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介



スポンサーリンク


お知らせ

カテゴリ: ■暴露

 ■暴露のカテゴリ記事一覧。東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介
ハイヤーマンのサラメシ

 ■暴露
お昼時、NHKを見ていましたら中井貴一さんの語りによる「サラメシ」という番組を偶然目にしました。ご存知でしょうか。サラメシすなわちサラリーマンの昼飯のことで毎回…

記事を読む

No Image

 ■暴露
車庫番ハイヤーの仕事もある程度慣れてくるとコツをつかんできます。人によって違いがありますが、自分のペースができてくれば、待機時間を利用して自分磨きもできるよう…

記事を読む

No Image

 ■暴露
ハイヤーマンは普段から幹線道路を中心に、地図をよく見て研究していなければなりません。すなわち、刃を研いで、もしもの時のために備える必要があるというわけです。お…

記事を読む

No Image

 ■暴露
車関係の仕事をしてる人は車が好きなのだろうか?ハイヤー・タクシー業界に足を踏み入れる人は私もしかり、様々な事情から、しかたなく入ってくる人がほとんどといってよ…

記事を読む

No Image

 ■暴露
ハイヤーには特別なボーナスがあります。すなわち、「チップ」のこと。「チップ」といいますと、日本では馴染みの薄いものです。日本人は自分に対するサービスやおもてな…

記事を読む

ハイヤーマンのサラメシ

お昼時、NHKを見ていましたら
中井貴一さんの語りによる「サラメシ」という番組を偶然目にしました。
ご存知でしょうか。

sarameshi2.jpg


サラメシ
すなわちサラリーマンの昼飯のことで
毎回取り上げる人物の昼飯のひと時を紹介しつつ、
その人の仕事や生き方について、
中井さんの味のある語りで綴るという番組です。

私が見たのは木曜日昼間再放送されたものだったようで
実際には月曜日の夜10時55分から放送しています。

日本一長い距離を走るバス路線

さて
その時話題にしていたのは
公共バスにおいて高速道路を使わない路線では日本一長い距離を走る路線バス
奈良交通(株)八木新宮線の路線バス乗務員の紹介と
その人のサラメシ

「運転手」と聞いて、職業がら本能的に惹き込まれてしまったわけです。

今回取り上げたバスの運転手さんは勤務15年あまり
朝、奥さんに作っておもらった弁当をもって営業所へ

そして、20分ほど出庫前の点検を終えると
バスは約6時間半かけて100キロ先の目的地まで運行します。

yaagi map.jpg


くねくねと曲がる山道を走り
丁度昼時になりますと、運転手は決められた休憩所で
たった一人で弁当を開くのです。

片道に6時間半もかかるということは
目的地に到着したらその日の仕事は終了。
そのまま引き返さずにそこで一泊して
再び戻りのバスを運行させて帰ってくるという生活サイクル。

ですから、帰りのサラメシはいつもコンビニ弁当などですませるといいます。

たった一度の忘れられないサラメシ

勤務15年の間
来る日も来る日もたった一人でサラメシをかきこんでいる
弁当のボリュームも、実に質素
食べる楽しみというより、栄養補給に摂取するのだといってました。

食べすぎると眠気が襲ってくるから
量を調節しているというのが質素な弁当の本当の理由らしいのです。

そんな一人のサラメシも、
これまでにたった一度だけ
楽しい昼のひと時を過ごした思い出を
エピソードとして語ってくれました。

それは
この運転手さんには一人娘がいて
大学入学後に、通学のため家を出てしまったらしいのですが
しばらくしたある日のこと
その大学生の娘さんから突然に

「父さんのバスに乗ってみたい・・・」

そんな要請を受けたんだそうです。

年頃になってからというもの、「おじさん臭い・・」などと言って
父親を煙たがり敬遠していた娘さんに、
何か心境の変化があったのでしょうね

narakotsu.jpg


その日は娘をバスに乗せて走り
いつものようにお昼の時間を迎えると
この運転手は娘と親子水入らずでお弁当を食べた・・・

至福の時だったのでしょう
15年勤務してたった一度の忘れられないお昼になったというのです。

毎日、毎日同じ道を同じ時間に通過させる
都会で生活している者にとっては
あまりに単純すぎて刺激のない気の遠くなるような仕事を
真面目にコツコツと15年も持続させてやっている姿

公共交通機関として人々の生活を陰で支えながら生きるその姿が
とても美しく感じられました。

ハイヤーマンのサラメシは?

さて、我々ハイヤーマンたちのサラメシはどうでしょうか

お客様は著名人や社会的地位のある方々
ホテルでランチなんて日常よくあることですから
そういうお客様を高級車でエスコートするハイヤーマンたちのサラメシは
そこそこのものを食べているであろう・・・

そう見えるでしょうか?

しかし、私の周りを見渡してみると
豪勢な、はぶりよい食事とはかけ離れた
ごく普通のサラリーマンの食事をする人がほとんどなのです。

それこそ、愛妻弁当を持ってくる人もいるし、
コンビニ弁当や、カップラーメンで済ます人も結構います。

財布を奥さんにガッチリ握られている人は
見ていて気の毒になるほど倹約、節約しています。

偉そうに言っている私も同様で
昼間仕事がなく待機を強いられている時は
近所にあるお馴染みチェーン店「すき家」「松屋」「吉野屋」
「ゆで太郎」「小諸そば」「はなまる食堂」「なか卯」
といった
1回せいぜい500円前後でおなかを満たしてくれるお店の暖簾をくぐるのがほとんどです。

たまにオリジンで弁当を買って営業所で食べることもあったりしましてね。

サラメシ チェン店.jpg


だいたい自宅を朝6時台に出ますから
朝食は早い時間に簡単に済ますことが多く
そうなると、
お昼は12時を待たずにおなかがギュルルと鳴り出します。

都心に営業所がある関係で
12時になると周囲の飲食店は軒並み人であふれ
コンビニでさえも買い物するのに長蛇の列

ですから、昼間予定のない乗務員たちは
12時前には外で昼を済ます人がほとんどなのです。

すなわち、
一般サラリーマンのように
昼休みが決まっているわけではなく

各自その日の予定が変わるため
それにあわせて食事も休憩時間も調整をするわけです。

営業所はまるで飯場

営業所によっては
所内に食堂があるところがあるようでが、
私のところにはありません。

そのかわり、冷蔵庫、炊飯器、電子レンジ、トースターと
組合が出資して揃えられた家電
そして、包丁からフライパン、鍋などもあって
定時後、残業がある人の中には
自分で惣菜を買ってきて
ササッと料理をして食べるつわものもいるんです。

特に夜の営業所はまるで「飯場(はんば)」と化す

ハンバ?

もうこの言葉は死語になりつつあるようで
きっと若い世代はイメージが湧かないかもしれませんが・・・

作ったおかずを分けてくれる気さくな先輩がいると
その場がいっぺんに和んだ雰囲気になり
あまり大きな声では言えませんが
お乗せしたお客様の話が飛び交って盛り上がることもあります。

本当はまずいんですけど・・・

特に夜は営業所内は女っ気がありません。
男所帯のむさくるしさは確かにあるんですが
近くのコンビニで買ってきた食べ物を広げて、
ニュースやバラエティを見ながら
気兼ねなくくつろげるのはなかなかいいものですよ。

出先で食べるサラメシ

出先で食事をとる場合
私はあらかじめコンビニなどでパンや弁当を買ってトランクにいれておき、
待機時間を活用して
においに気を付けながら車内でささっと済ましています。、

当然ながら
仕事中はお客様の動きにすべてを合わせていきますし
突発的に予定が変更される場合もありますから
いったん出庫したら、極力車から離れないようにしています。

ですから、眠くならないように空腹をしのぐ程度に食物を摂取するというのは
先のバス運転手と同じで
基本的にまともな食事はできないと覚悟しています。

ところがベテラン乗務員さんの中には
食べることが何より好きで
あちこち料理のうまい店を探しながら
上手に時間を調整し、食べ歩きしている人がいます
特に、子供も手を離れ
後は定年まで数年間務めあげればよしといった
年配の方達に多く見受けられますね。

そういう人たちは自分のぺースで
ゆったりと仕事をこなしていて
何とも羨ましい限り。

こっちは未だ家族のために、子供たちを養うために
今日も行きつけの食堂で質素なサラメシを食べている・・・

lunch.jpg


これがハイヤーマンのサラメシの現実であると
ご理解いただけたでしょうか。

目次一覧へ
 カテゴリ
 タグ

「車庫番」と「お友達配車」

車庫番

ハイヤーの仕事もある程度慣れてくるとコツをつかんできます。
人によって違いがありますが、自分のペースができてくれば、
待機時間を利用して自分磨きもできるようになります。
 
さらに、専属の仕事や請負で企業へ出向すると時間配分などが読めてくるので、のびのびと仕事ができるようになるのですが、「車庫番」のままだと、毎日人と動きが変わりますから、心身共にきついものがあります。

「車庫番」とは、すなわち、自分の札を配車デスクにあげ、仕事が回ってくるのを待つというもの。車庫の番をするから「車庫番」と言うようになった業界用語です。

この車庫番は、その日その日の計画が全く立ちません。
何時に出庫するのかも分からず、当然どんなお客様で、どこに向かうのかも出庫30分前から15分前になってはじめて知らせれます。ですから、この車庫番の仕事を続けると心身の疲労は半端じゃないのです。

ところで、この配車に関してはちょっとしたルールが存在するようです。正式に聞いたことがないので、推測の域を越えませんが、基本的に札を上げた順番で仕事を回しているようなのですが、乗務員に対して配車を知らせる時間が決まっていて、乗務員が前もって予定を尋ねても、ある時間(出庫30分前)前では教えてくれないのです。

といっても、これは会社によって違いますけど…

乗務員の給与は、ほとんどの会社の場合、完全固定給ではありません。
基本給+歩合給となっています。
かといって、タクシーのように営業収入を規定の割合で会社と分けるといったものでもないので、計算が複雑になっているところもあるのです。

その歩合給の部分が走行距離や運行時間に関係しているとなりますと、当然ながら仕事の量と質によって給与が上がり下がりすることになりますよね。ですから、乗務員たちは配車の内容に敏感に自然と敏感になってくるわけです。

ところが、特定の人に特別なひいきをしていないのにも関わらず、
仕事内容に偏りが生まれ、それが顕著な形で格差が生れてきますと、
乗務員側から文句が出ることさえあるんです。

このように、配車係は乗務員の食い扶持を左右する重要なポジションにいるため、いい仕事をしようと思ったら、配車係との関係を大切にしなければならないことになるというのは至極当然なことだというのはお分かりかと思います。

お友達配車

大手の場合、仕事量も多く、抱える乗務員も多いことから仕事を断るということは稀なんですが、それでもベテラン乗務員は結構幅を利かせていて、若い人や新人などは彼らの語気の強さに負けてしまい、彼らのわがままを聞いてしまうこともあるのです。

配車係「今日ね、これとこれとこれがあるんだけど、どれ行く?」
乗務員「じゃあ、ホテルオークラまでの送りにしようかな」
配車係「オーケー、8時半出庫、9時会社玄関前先着ね」

こんな会話がなされます。

時折、乗務員の方が
「こんなの出来ねえよ」
「なんだ距離が出ない仕事じゃないか、こういうのは新人にやらせろよ」

配車係も実は見えない戦いを強いられていることを乗務員はあまりよく知りません。

やさしい仕事はできるならば新人にさせたい。難し仕事はベテランにお願いしたい・・誰もが考えることです。
ところが、これが逆になることがあって、しかも、それによってお客様からクレームをもらってしまうことがありますから頭の痛くなる問題だというわけです。

お客様のクレームは、当然担当した乗務員の問題です。
しかし、そうなる前に何か手立てはなかったのか原因を突詰めた時に、そのクレームの質にもよりますが、仮にベテランの乗務員だったら、対応は問題なくいったでしょうに。

ところが、クレームの内容を見た時に、明らかに経験の浅い乗務員であったために起きたミスやクレームであったりすると、じゃあ、そもそもなんでこの新人乗務員をこのお客様につけたのか、ということで、配車係にも責任の追及が及んでくるのです。

人がいない時は、休んでいる人に連絡して出社を促したりして調整をし、それでも処理しきれない場合には他社へ仕事を回すこともあったりする配車係の仕事はなかなか大変です。

ですから、力量ある配車係は気の合う乗務員を数名抱えていて、緊急時は応援を要請し、また逆にいい仕事を他にはわからないように優先的に回したり、情報を事前に知らせたりするわけです。持ちつ持たれつの関係を築きながら、仕事をスムーズに処理していこうという発想ですね。

このように、半ば馴れ合いで配車をすることを皮肉って「お友達配車」と呼び、乗務員たちから陰口をたたかれるのです。

 カテゴリ
 タグ

刃を研いでいるか?

ハイヤーマンは普段から幹線道路を中心に、地図をよく見て研究していなければなりません。
すなわち、刃を研いで、もしもの時のために備える必要があるというわけです。

お客様に気持ちよくご乗車いただき、目的地へとご案内するのがハイヤーの仕事
ところが、そんなハイヤーとして当然報酬の対価としてしなければならない仕事を
満足にこなせない時があります。

それは、行く先までの道がわからない時です。

ほとんどの場合、タクシーと違って、事前に行き先がわかっているのですが、
お得意先になると、社用車として使用されることが多いので
伝票に「指示」となっていることがあります。

時間的余裕がある場合は問題がないのですが
お客様が急いでいるとき、
あるいはホストとしてお客様をもてなす立場で車をご利用される場合が問題になります。

「予定変更して、代官町から高速に乗って、三茶でおりて、茶沢通にいってくれないかな?
ちょっと急ぎでお願いするよ。」


時間をかけて目的地を調べ上げ、準備良しと落ち着いていた気持ちはこの想定外の指示で吹き飛びます。

うわっ、予定変更だ! 
とにかく、まず、返事をします。
「はい、かしこまりました。」

「ただ、恐れ入りますが、代官町からといいますと・・・そちら方面に不案内なもので・・・」

一瞬空気が凍りつきます。

「えっ、知らないの? そこの信号を左折して、突き当り内堀通りを右に道なりにいくんだけど」
「はっ、はい、かしこまりました」


ナビを見ているのですが、パニクッて地図が頭に描けません。
冷や汗たらたらです。

しばらく行くと右折車線に車が入って行こうとするので、後ろからすかさず
「ねえ、運転手さん。左の車線をとって行って!」

お客様の語気が強くなりました

もうここまで来ると、恥ずかしさのあまり、顔から火が出そうな心持です。

「あ、ありがとうございます。」
前をむきながら、ぺこりとお辞儀をしました。

こんな会話をしていては、ハイヤーが務まりません。

だいたいこういう時はあとからデスクに呼ばれることがあります。
すなわち、御客様からクレームが入っていた時です。

「○○さん、ちょっといいかな」

朝一番、点呼時に声をかけられました。


昨日の○○商事の秘書から連絡があったんだけれど、
御客さん、運転手があまりに道を知らないので、機嫌を損ねたそうなんだ・・・

「そ、そうですか。申し訳ございません。」

「○○さん、道をもうちょっと勉強しておいてよ」
「はい、以後気をつけます。」

とは言ったものの、
結局、デスクサイドで「出入り禁止処置」をとられて

以後、その会社の仕事が回ってこなくなりました。
 カテゴリ
 タグ

車好きのお客様

車関係の仕事をしてる人は車が好きなのだろうか?
ハイヤー・タクシー業界に足を踏み入れる人は
私もしかり、様々な事情から、
しかたなく入ってくる人がほとんどといってよいと思います。

すなわち、最初からタクシー運転手になりたい、
ハイヤーの運転手になりたいという人は
稀れであるということです。

乗り物を運転する仕事の中では、飛行機、電車、バスなどは、
子供のころから夢見ていたという人が多いようですね。
パイロットに至っては、若い時に目指さないと、
学ぶことがあまりに多いためについていくことができません。

ですから
「なりたい」という強いモチベーションが必要になります。

それでは、ドライバーという仕事を選んだのは、
車が好きだからなのかというと、
これが意外と少ないのです。
機械には強い、という人は結構いましたが・・・。

時折お客様の中で、車好きな方がおられて
話を合わせるに四苦八苦することがあります。

仕事を始めたころでした。
「運転手さん、いい車だね、室内も広いし、静かだしさ
これ排気量はどれくらいになるの?」
お客様は興味深々で聞いてくるのでした。

こちらはとにかく目的地まで安全運行しようと
経路などを一生懸命調べるあまり
乗っている車のことまで気が回っていませんでした。

お客様の質問に、一瞬ドキッとし、
胸の鼓動が高鳴ってくるのがわかります。

 きた〜 どうしようか・・・

瞬間的に出てきた言葉は
「たしか3000CCだと思います。」

「へえ、そんなんだ。新しいモデルなんですか?」

車のについてはこれ以上話しかけないでくれ・・
悲鳴をあげたくなりました

もうここまでくると
いい加減な言葉がさらに続きます。
「いいえ、このタイプは二世代ほど前のタイプだと記憶しております。」

きえ〜 適当なこと言ってら・・

そうこうしているうちに、目的地に近づいてきました。

「お客様、間もなくご到着です。おつけする場所ですが・・・」

会話が何とか途切れてくれたので助かりました。

お客様が降車されるや、
すぐにダッシュボードにある車検証を引っ張り出して確認しました。
なんだ、これ2500CCなんだ

 感心している場合じゃないでしょっ!
もう一人の自分が横でつぶやかれます。

私はこの日を境に、初めて乗車する車に関しては
必ず車検証を確認することにしました。

 カテゴリ
 タグ

特別ボーナス

ハイヤーには特別なボーナスがあります。
すなわち、「チップ」のこと。

「チップ」といいますと、日本では馴染みの薄いものです。
日本人は自分に対するサービスやおもてなしに対して、
それを施してくれた人に「現金」でお礼をするということをあまり好みません。

「自分はそんなつもりであなたにサービスしたんじゃありません」
などと、仕事に対するプライドを強く持つ人が、侮辱されたと思ってチップを受け取らない、そんな
映画やドラマのシーンを時折目にしますが、

実際には「おひねり」などの言葉あるように
チップのやりとりはあるのです。そして、それを内心期待しています。

ハイヤードライバーは、このチップを当てにして仕事をしてはいませんが、
行けば必ずチップをくださる上客があるものです。
そして、そのような情報は同僚のドライバーたちの間で暗黙のうちに知れ渡っていたりします。

仕事が終わって営業所に戻ると
「おい、今日は出たか?」
などと、問い詰められたりして…。

さて、このチップですが、
月に30万円以上にもなることがあります。

よっぽどの上客の担当としてついた場合なんですが、
ドライバーを待たせると、「ご苦労さん!」と言いながら財布から数千円取り出す。
会食があるときは、これで食事でもしててね」と
これまたチップ

正月、お盆、お中元、お歳暮、などなど、まるで自分の家族のように可愛がってくれる人が
いらっしゃるのです。

このような特別ボーナスはドライバーから手を出して請求はできませんが
「運」の良いドライバーは大きな恩恵を受けるのであります。
 カテゴリ
 タグ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
高級車.jpg
  
カテゴリ

ドライバー ブログランキングへ にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
最近のコメント
【参考】羽田空港のVIP口 レアケース
 ⇒ 東京ハイヤーマン (09/07)
 ⇒ (09/07)
ハイヤーのおいしい仕事…ゴルフ送迎
 ⇒ 2年目ハイヤーマン (08/05)
3年ぶりに訪れた首都高八重洲線 東京駅八重洲地下出口
 ⇒ 東京ハイヤーマン (03/16)
 ⇒ マグネシウム (03/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/17)
 ⇒ ATSUSHI (02/17)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/14)
転職先をタクシーにするかハイヤーにするか タクシー研修経験こぼれ話
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/31)
 ⇒ uchukuzi (01/30)
 ⇒ nyantama (12/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (12/14)
 ⇒ nyantama (12/14)
2017年 元旦 新年のご挨拶
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/25)
 ⇒ nyantama (01/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/09)
 ⇒ nyantama (01/09)
ハイヤーの労働環境
 ⇒ nyantama (11/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/22)
 ⇒ nyantama (11/21)
 ⇒ ルパン (11/19)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/07)
ハイヤーの事故
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/16)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/10)
プロフィール
●年齢:50代
●家族:妻・子供あり
●住まい:東京都内
●職業:ハイヤー乗務員
●E-mail:hireman50@gmail.com
●経歴:東京出身。大学を出た後、
    教育関係の仕事に就く。
    一時独立したが頓挫。
    その後いくつかの業種
   (新聞社、病院検査会社、
    不動産、リフォーム建築)
    を経験。2008年、営業系の
    仕事を希望して再び転職活
    動し、唯一内定をもらった
    ハイヤー会社に再就職し
    現在に至る。
ファン




Amazonランキング1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン
⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓
bana-1.jpg
期間限定¥1000 → ¥0




Copyright © 走れ! 東京ハイヤーマン All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

日本レコード商業組合