■本音のカテゴリ記事一覧

東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介



スポンサーリンク


カテゴリ: ■本音

 ■本音のカテゴリ記事一覧。東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介
No Image

 ■本音
サービスはすべて機械が行うのでなく、人間が行います。当り前の話です。したがっていくらマニュアルがあり、同じことをやっていても、その人の人間性が表に出ていきます…

記事を読む

No Image

 ■本音
行こうか、どうしようかまだお客様は戻られないだろな・・・よし、行くなら今だ!「待つことが仕事」と言われるハイヤーの仕事。長時間運転をしていると当然もよおしてく…

記事を読む

No Image

 ■本音
ハイヤー乗務員として、仕事上もっとも気を付けなければならないことは運転面における安全ですが、もう一つ重要な義務があります。それが「守秘義務」です。「守秘」 読…

記事を読む

No Image

 ■本音
最近タバコを吸う人たちが肩身の狭い思いをしています。国を挙げて、あるいは自治体、企業などが禁煙キャンペーンを打ち、喫煙所を特別に設置しているところも多く見受け…

記事を読む

乗務員の人柄

サービスはすべて機械が行うのでなく、人間が行います。当り前の話です。
したがっていくらマニュアルがあり、同じことをやっていても、その人の人間性が表に出ていきます。

どんな仕事もそこに関わる「人」が問題になってくるんですね。

ハイヤー会社はいかに良い人材を確保するか、これが他職種以上に重要であると感じます。
個人が起こす仕事上のミスが、大きな責任問題に発展する可能性がハイヤーの場合
非常に高いからです。

そんなリスクある仕事を平気でこなしているので、乗務員になっている人はなかなか力がある人なんです。

上司の判断を仰いで行動する機会がとても少ないし、適切な判断力を要求されます。
決断力もなければなりません。優柔不断では務まらないと思います。
度胸があり、機転の利く瞬発力も必要です。

中途採用で入社してきた人が90%以上なので、過去の経歴をきいてみると、どうしてこんな人がハイヤーの運転手なんかやっているのかと首をかしげてしまうくらい立派な経歴ある人たちがゴロゴロいます。

人格的に円満で、落ち着いていて、どっしりと腹が据わっているとお客様に安心感を与えます。
これが最も大切なお客様に対するサービスなのかもしれません。

ですから、運転技術、地理の知識、そして人柄。この三つがバランス良ければハイヤー乗務員として成功をしてくでしょう。

ただし、残念なのは、どんなに努力しても、報酬とは直接関係がない要素ばかりであること。
実際は「走ってなんぼ」の世界ですから、無駄なことはしない主義の人は、適当に仕事をしています。

ところが、誠実に仕事を遂行している乗務員は、事故やミス・クレームがないため、時間が経つにつれて信頼が高まり、良い仕事がまわってくるのだと、ベテランの方々は口をそろえて言っているのです。

無駄なことと思っていることに、実は重要な報酬を生み出す要素があるというのは
どの仕事にも共通している観点ではないでしょうか。

業界の現実は、規制緩和により営業車の増加、それに伴う各社サービス競争激化で料金の値下げ傾向が強い中で、将来にあまり明るい要素がありません。
大手ハイヤー会社は時代の潮流を先読みし、ハイヤーの付加価値を高めるための施策を打ち、生き残りをかけて行動しています。

そのような中で、自分磨きを継続させる努力は、この業界で長く用いられる秘訣となることはいうまでもないのです。
 カテゴリ
 タグ

トイレに行けない!

行こうか、どうしようか
まだお客様は戻られないだろな・・・
よし、行くなら今だ!


「待つことが仕事」と言われるハイヤーの仕事。
長時間運転をしていると当然もよおしてくる生理的現象。

これをどの様に処理していくのか。
お客様を快適にご案内するためにも
ドライバー自身も快適な体の状態にしておかなければ
落ち着いて運転できなくなります。

乗務経験を積んでいくと
自分の体のコンディションもわかってきますから
食事や水分を取るタイミング、そしてトイレにいつ行けばよいのか
などと、機転が利くようになってきます。

お客様の中にはドライバーにいろいろと気遣って下さる方もおりますが
さすがに下(しも)の心配までして下さる方はいないといってよいでしょう。

乗務経験が浅いと
この「行くタイミング」がなかなかつかめずに
大変な思いをすることが時々あるものです。

くそまじめに車の中でじっとしていると
それが2時間、3時間となれば
当然もよおしてきます。

しかし、お客様がいつ戻るかわからない場合
脳裏を走るのは
「もし、トイレに行っている間にお客様が来られたらどうしようか…」
という不安なのです。
そのために、ますます身動きがとれなくなっていくのです。

お〜まずい・・・
破裂しそうだ・・・

とうとう我慢の限界を超え、

「一か八かだ・・・」

と、開き直ってトイレに駆け込む経験をしたことを覚えています。

だいたいハイヤーマンは一度か二度このような苦い経験をすれば
あんな嫌な思いをするのはもう懲り懲りということで、自分なりの対策を立てるようになります。

つまり、先を見越して出発前、あるいはお客様の対応に色々と工夫を凝らすようになるのです。

私も今では、お客様の予定を見ながら、
降車され10分くらいして戻らないことを確認し
すぐにアクションを起こすようにしました。

人里離れた辺鄙なところに行った場合は
立ち○○などは平気になります。

最近ではコンビニの数が増え、
特に都内ではドライバーのトイレ問題はほぼ解消されつつありますが、
それでも油断すると痛い目にあいます。

仕事は気持ちよくやりたいものですよね。
お客様への最高のサービスを提供するためにも
事前の準備リストに、トイレ問題を明記しなければなりません。

 カテゴリ
 タグ

守秘義務

ハイヤー乗務員として、仕事上もっとも気を付けなければならないことは
運転面における安全ですが、
もう一つ重要な義務があります。
それが「守秘義務」です。

「守秘」 読んで字のごとく「秘密を守る」ということです

車内での会話、電話の通話内容など
乗務員として別に意識して聞こうと思わなくても、結構ヘビーな情報が耳に入ってきてしまいます。

ハイヤーを利用するお客様は
政界、財界の役員クラスの方が多いので
会社で公に話せない会話を車内から電話したり、
秘書との打ち合わせに使ったりすることも珍しくありませんから
その場に居合わせるドライバーは
存在していても、空気のように
静かに、目立たず、寄り添っていなければならないのです。

しかも、その密室で交わされたいかなる会話内容に関して
口外は厳禁となります。


入社する時には誓約書に判をつきますが、そこにこの守秘義務遵守の項目が入れられています。
もしも、守れなかったら損害賠償に発展していきます。

会社にとって、世間からの信頼を失うことほど恐れているものはありません。
ネット社会になって
様々な情報がネット上に漏えいすることも多くなってきました。

大手の会社では、
自社のイメージを損なう情報を事前にキャッチし
あらゆる手段を講じて消去しています。

実際に勤務している中で、会社が最も神経をとがらせ
注意を呼び掛けているのは
事故や違反ですが

もし、ハイヤー乗務員が守秘義務違反を犯し
企業の重大な情報を漏えいして、それが大問題に発展したら
そのハイヤー会社は瞬時に信頼を無くし、業務はおろか
存続さえできなくなってしまうでしょう。


これだけ個人情報に関してうるさくなっている中でも
お客様は会社を信頼して個人の情報を提供しているので、
そういったお客様の信頼を裏切らないためにも
守秘義務の遂行は
まさに、会社、そして乗務員自身の生命線になっていることがわかるのです。


 カテゴリ
 タグ

ハイヤーの車内でタバコを吸えるのか

最近タバコを吸う人たちが肩身の狭い思いをしています。
国を挙げて、あるいは自治体、企業などが禁煙キャンペーンを打ち、
喫煙所を特別に設置しているところも多く見受けます。
ですから、喫煙者はだんだんと自由に喫煙できる空間が狭められて来ています。

タクシーでさえも、禁煙車が増えており、
タバコを吸わない人にとっては、実にクリーンな環境が増えていくので
喜ばしい限りであると、両手を挙げて喜んでいますが…
喫煙組は、内心、それなりの金払ってんだから車内で吸ったっていいじゃん
と叫んでいるかもしれませんね。

ただ、タクシーやバスは公共交通機関なので
その公共性という観点から、禁煙を実施せざるを得ないでしょう。

さて、
ハイヤーはどうでしょうか?

ハイヤーは高級個別輸送機関という位置付けです。
ですから
使用される車内空間を自由に使用することができます。
料金もタクシーの倍以上になりますから
それこそ、

高い金払ってんだから、当然じゃないの?

こうなるわけで、喫煙は全く問題ありません。
お客様の中には会社で吸えないものだから、
車を喫煙所のようにされている方もいらっしゃいます。

どうぞご利用される方は心ゆくまでタバコをたしなんで下さい。


と、申し上げましたが、
実は乗務員の本音は
喫煙はやってほしくないのです。

お客様が降車されたあと営業所に戻ると
「吸われちゃったよ!」

とにかく匂いがこびりついてどうしようもない
ファブリーズは必需品です。

窓を全開にして数キロ走ってくる場合もあります。

ヘビースモーカーのお客様からのご指名がある場合は
デスクが喫煙車をあてがってくれる場合もありますが
いつもそうとは限りません。

特にお得意様に喫煙する人が多いのです。

最近新しく入った車には灰皿がついていない車が登場しました。
禁煙車であることを無言で発信しているわけですが
それでも吸われるお客様がおられるので
乗務員は携帯の吸い殻、そしてライターまでも準備します。

ちなみに私はタバコを吸いません
何度お客様に泣かされたか

タバコなんてなくなってしまえ!
世の中、禁煙大賛成です!
 カテゴリ
 タグ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
高級車.jpg
  
カテゴリ

ドライバー ブログランキングへ にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
最近のコメント
3年ぶりに訪れた首都高八重洲線 東京駅八重洲地下出口
 ⇒ 東京ハイヤーマン (03/16)
 ⇒ マグネシウム (03/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/17)
 ⇒ ATSUSHI (02/17)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/14)
転職先をタクシーにするかハイヤーにするか タクシー研修経験こぼれ話
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/31)
 ⇒ uchukuzi (01/30)
 ⇒ nyantama (12/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (12/14)
 ⇒ nyantama (12/14)
2017年 元旦 新年のご挨拶
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/25)
 ⇒ nyantama (01/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/09)
 ⇒ nyantama (01/09)
ハイヤーの労働環境
 ⇒ nyantama (11/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/22)
 ⇒ nyantama (11/21)
 ⇒ ルパン (11/19)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/07)
ハイヤーの事故
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/16)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/10)
道路地図をほとんど使わなくなりました
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/15)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (08/03)
 ⇒ tachibow (08/02)
【空港送り】隠れたハイヤーサービスはできてますか?
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/14)
 ⇒ nyantama (11/14)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
プロフィール
●年齢:50代
●家族:妻・子供あり
●住まい:東京都内
●職業:ハイヤー乗務員
●E-mail:hireman50@gmail.com
●経歴:東京出身。大学を出た後、
    教育関係の仕事に就く。
    一時独立したが頓挫。
    その後いくつかの業種
   (新聞社、病院検査会社、
    不動産、リフォーム建築)
    を経験。2008年、営業系の
    仕事を希望して再び転職活
    動し、唯一内定をもらった
    ハイヤー会社に再就職し
    現在に至る。
ファン




Amazonランキング1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン
⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓
bana-1.jpg
期間限定¥1000 → ¥0




Copyright © 走れ! 東京ハイヤーマン All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

日本レコード商業組合