■教訓のカテゴリ記事一覧

東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介



スポンサーリンク


カテゴリ: ■教訓

 ■教訓のカテゴリ記事一覧。東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介
俎橋???

 ■教訓
靖国通り、九段下を過ぎて専大前の交差点に向けて下る途中、ちょうど高速道路高架下をくぐったところに信号があって、そこに以下のような看板がたっています。「俎橋」と…

記事を読む

乗務員と配車デスクの関係

 ■教訓
ハイヤーの仕事はお客様との関係が最も重要になりますが、もう一つ重要な関係があります。それがデスクとの関係。デスクとは配車係のこと自分に対して仕事を回してくれる…

記事を読む

No Image

 ■教訓
事故に合うのは仕方がないと言います。しかし、ないに越したことはありません。入社する前に運転記録証明を取らされ、事故や違反が多い人は基本的に運転手として採用され…

記事を読む

俎橋???

靖国通り、九段下を過ぎて専大前の交差点に向けて下る途中、ちょうど高速道路高架下をくぐったところに信号があって、そこに以下のような看板がたっています。

俎橋.PNG

「俎橋」となっているこの場所
この「俎」という字 読めますか?
漢字の「祖」に似ているので、「そ」と読むんだろうか?
「そばし」・・・なんか変だ

何度も何度も通りながら、正確な読み方がわからず、かといって車を止めて調べるわけにもいかない。
あそこは下り坂なので、特に九段下から降りてくる場合は加速がついているし、交通量が多いため、車線変更などして車を横付けさせることもできないのです。

また、一ツ橋方面から高速道路に沿って、その「俎橋」に出ても、直進ができず右左折しかできませんから、ハンドル操作が忙しくて、調べる暇がありません。

だいたい運転中はもたもたとまごついている間に目前の状況が変化して、その都度対応を強いられますから、「後で」ということになって、結局調べることを忘れてしまうのです。

この「あとで」というのはダメですね。
有名な予備校講師の登場するCMで
「いつやるの」「今でしょ」というのがありましたが、
運転中の場合
「いつ調べるの?」
「今でしょ!」
「でも、それって危険でしょ!」

だからいつも躊躇します。

そういうわけで、ずいぶんと長い間、私の脳の中の未解決な「?」の一つとなっておりました。

さて、そんな私がようやくこの「俎橋」の読み方を調べることができたのは、スマホと、あの有名なグーグル先生のおかげです。

スマホは既に持っていない人の方が珍しくなったくらい驚くほどのスピードで普及しています。車を使用して仕事をする人たちなら絶対に欠かせない超重要アイテムの一つ。

そしてグーグル先生
先生とは言っても、ご存じのように実在する人物ではなく、グーグルが提供するさまざまなサービスです。中でも検索エンジンとグーグルマップは経験の浅い運転手にとってどれほど助けになるでしょうか。

特にストリートビューは圧巻ですよね。都内であれば、すべての道路が地図と連動して実写で確認することができ、しかもそれが無料で利用できるのですから、信じられないサービスです。

さて、その「時」は突然訪れました。

昨日、たまたま仕事で神田橋から一ツ橋河岸の交差点を通り靖国通りに抜けるため、高速道路下を沿って車を走らせ、例の「俎橋」にさしかかった時、前方にタクシーが一台止まり、しかも信号が赤になったので、一時停止するわずかな時間ができたのです。

ふと、「俎橋」ってどう読むのだろう? という疑問が条件反射的に脳裏をかすめた瞬間でした

よしっ!今調べよう!

この一瞬の決断が私の手を動かしました。
私は左手でスマホを取り出し、すぐさまグーグルの検索アプリをタッチ。
写真 keitai.JPG

そして「九段下交差点つぎの橋、名前は」
とすばやく入力したのが早かったか遅かったか、
信号が青に変わり、前を見、スマホを見、首を縦に振りながらもハンドルを左に切りました。
実に危険な運転です。

九段下に向けて車が列をなし伸びていました。

しめた。時間が稼げる

検索した結果トップに画面に
「九段下、俎板橋〜東京の橋名のこと・・・はてなダイアリー」
と出てきたので開いてみると、あったあった「俎板」の読み方が出ていました。

ええっ こんな読み方をするんだ!

私としては想像もできない読み方でありました。
しかし、「俎板」はわかったけど「俎」とはなんだろう?

さらに「○○○○はし」と入れて検索
ようやく解決しました。

ウィキペディアにしっかりと「俎橋」が出てくるではありませんか。

渋滞がこの一連の動作を可能にしてくれました。

ああ、すっきりしたあ〜!
思わず車内で叫んでしまいましたよ。

これで一つ問題が解決したので
試しに同僚に知っているか聞いてみようと思ったんですが、
都内を何年走りまわっていて、そんなのもわからなかったの?と逆に言われるのが恥ずかしいと思ってやめにしました。

でも、改めて気づかされます。
やっぱり何かしらの結果を得るには、即行動なんですね。

「今でしょ!」

冒険も必要です。
「今」できなければ永遠にできないに等しいんですよ。

Wikipedia 俎橋






 カテゴリ
 タグ

乗務員と配車デスクの関係

ハイヤーの仕事はお客様との関係が最も重要になりますが、
もう一つ重要な関係があります。
それがデスクとの関係。

デスクとは配車係のこと
自分に対して仕事を回してくれるのはこの配車係の仕事です。
ここでもちょっとした内部営業力が必要になります。

特に入社後間もない新人時代にその営業力の差で仕事の量と質に違いが生まれてきます。

haire.jpg

一般に「札」と呼ばれる自分のネームプレートがあって、
配車係りは前日に各乗務員の仕事の割り振りをしておきます。

従って、一日の一番初めに回ってくる仕事はほとんど前日に決定しており、
時には早出の要請を受けることもあります。

その人の持つ力量に応じて仕事が回されるのは至極当然な話。
新人時代は、比較的運行経路がわかりやすい仕事が回されてきます。

一つの仕事が終わると伝票に出庫、先着、降車、帰庫のそれぞれの時間や、走行メーター、ETCなどの高速利用料金。駐車料金などを記載してデスクに提出し、仕事を「締める」わけです。

そのあと再びデスクに自分のネームプレート「札」を挙げ、次の仕事が回ってくるのを待機して待つことになるので、二回目以降の仕事ははっきりと決まっているわけでなく、あげられた札の先着順になりますから、仕事の内容に関しては乗務員にはわかりません。

だいたい出庫の30分前くらいに呼び出しがあり、ここで初めて仕事内容を知らされますが、
デスクサイドが期待した通りに乗務員がやれないような仕事が回ってくることがあって、特にそれは仕事が立て込んで入り、順にこなさなければ処理できないような忙しい最中に起こってくるのです。

「○○の会社の○○様、12時にニューオータニの宴会場口にお付けして、総務省に行ってください。そこで待機した後はお客様のご指示となります。よろしいですね。」

経験があれば
「はい、わかりました」
と軽快な返事を返すことができるのですが
ここで尻ごみをして、不安げな応対すると、デスクはその仕事を他の人に回してしまい、
マイナスの印象を与えてしまうことがあります。

一度、このような不安な態度を見せると、次回からデスクはやさしい仕事しか配車しないといったことがおこってきます。

逆に営業力ある人だと、元気よく「わかりました!」と言っておいて、
すかさず、営業所内に待機している先輩を誰彼となくつかまえては、聞きまくり
「すいません。この場所、車寄せはどのようになってますか?」
「この信号右折できますか?」
などと周りの人からアドバイスをもらい情報を収集していきます。

仮にある程度知っていても、確認の意味で聞いてみる必要があります。
以前同じお客様を乗せた経験のある人がいれば、その人にお客様の性格や応対に気を付ける点など、できる限りの情報を仕入れた方が、どれほどスムーズに不安なく仕事をこなせるでしょうか。

このように、ちょっとした社内営業力によって集められた情報の蓄積が自信にもつながっていくので、結果的により大きな仕事をこなせるようになっていき、デスクも安心して仕事を回してくれる好循環を生むというわけです。

性格的に引っ込み事案なタイプであるなら、持続的に自己変革の努力をすることが、仕事をより円滑にこなしていく秘訣になっています。

特に配車デスクとの関係は、仕事の量と質を決めていくので、自分の食い扶持に直接影響のある重要な関係となることがお分かりになると思います。
 カテゴリ
 タグ

事故に合わない秘訣とは?

事故に合うのは仕方がないと言います。
しかし、ないに越したことはありません。

入社する前に運転記録証明を取らされ、
事故や違反が多い人は基本的に運転手として採用されません。
科学的根拠はないのですが、事故運のある人がいるというのも否定できないと
思います。

事故を引き起こす原因は色々とありますが、その人の性格によるものが最も大きいのではないでしょうか。

「だろう運転」をする人、すなわち、
なんでも楽観的に、こうなるだろう、きっとやってくれるはずだ。と、過信しやすい傾向にある人は
事故にあう確率が高くなります。
逆に「かもしれない運転」をする人は、いわゆる几帳面で、慎重派なので事故の確率が低くなる傾向にあります。

また、心のどこかにスキがあるとき、心配事を抱えている場合などは、
考えが一点に集中するあまり、状況判断が甘くなり、周囲の動きが見えなくなります。
こういう時は事故にあう確率が非常に高くなります。

「ひやり」としたこと。「はっと」したこと。このような経験をすればするほど
やがて事故につながる確率が高くなっていきます。
乗務員として、自分が運転をする時にどういう傾向があるのか
客観的に、冷静に見つめる目を持つことが事故の予防につながるといってよいでしょう。

心のありかたは実に運転を職業にする人にとって大切になってきます。
そのうえで運転技術が生かされてくるのです。

ベテランの乗務員に事故に合わない秘訣とは何か聞いてみました。
答えは
「サンキュウ運転をしないことだな」

さんきゅうとは?

@急発進
A急ブレーキ
B急転回

この三つの「急」を無くすこと、すなわち「サンキュウ」を無くせ!
ということだそうです。

なるほど!しかり!
私は時折運転をしながら
この貴重なアドバイスを思い出します。
 カテゴリ
 タグ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
高級車.jpg
  
カテゴリ

ドライバー ブログランキングへ にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
最近のコメント
3年ぶりに訪れた首都高八重洲線 東京駅八重洲地下出口
 ⇒ 東京ハイヤーマン (03/16)
 ⇒ マグネシウム (03/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/17)
 ⇒ ATSUSHI (02/17)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/14)
転職先をタクシーにするかハイヤーにするか タクシー研修経験こぼれ話
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/31)
 ⇒ uchukuzi (01/30)
 ⇒ nyantama (12/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (12/14)
 ⇒ nyantama (12/14)
2017年 元旦 新年のご挨拶
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/25)
 ⇒ nyantama (01/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/09)
 ⇒ nyantama (01/09)
ハイヤーの労働環境
 ⇒ nyantama (11/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/22)
 ⇒ nyantama (11/21)
 ⇒ ルパン (11/19)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/07)
ハイヤーの事故
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/16)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/10)
道路地図をほとんど使わなくなりました
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/15)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (08/03)
 ⇒ tachibow (08/02)
【空港送り】隠れたハイヤーサービスはできてますか?
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/14)
 ⇒ nyantama (11/14)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
プロフィール
●年齢:50代
●家族:妻・子供あり
●住まい:東京都内
●職業:ハイヤー乗務員
●E-mail:hireman50@gmail.com
●経歴:東京出身。大学を出た後、
    教育関係の仕事に就く。
    一時独立したが頓挫。
    その後いくつかの業種
   (新聞社、病院検査会社、
    不動産、リフォーム建築)
    を経験。2008年、営業系の
    仕事を希望して再び転職活
    動し、唯一内定をもらった
    ハイヤー会社に再就職し
    現在に至る。
ファン




Amazonランキング1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン
⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓
bana-1.jpg
期間限定¥1000 → ¥0




Copyright © 走れ! 東京ハイヤーマン All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

日本レコード商業組合