■ハイヤー業界の話のカテゴリ記事一覧

東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介



スポンサーリンク


お知らせ

カテゴリ: ■ハイヤー業界の話

 ■ハイヤー業界の話のカテゴリ記事一覧。東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介
道路地図をほとんど使わなくなりました

 ■ハイヤー業界の話
夕方、新宿で2時間ほど待機することになりました。さて、今日はどうするか・・とにもかくにもトイレで用を足すことが先決だな・・とそう思ったのですが近くにコンビニら…

記事を読む

知ってました? 当り屋グループ都市伝説

 ■ハイヤー業界の話
先日私の元に一枚のチラシが届けられました。ある大手飲料メーカーの配送ドライバーから回ってきた情報だということで、仕事で出向いた企業の秘書さんからいただいたもの…

記事を読む

車両管理のご褒美 レクサスサロンのおもてなし

 ■ハイヤー業界の話
「いらっしゃいませ ハイヤーマンさまですね。 ご来店ありがとうございます!」車の整備の関係でレクサスディーラーに3か月に一度は行くのですがはじめのうちは、もて…

記事を読む

あの社員はなぜNO.1なのか

 ■ハイヤー業界の話
先日、時折会う日本交通の方との情報交換をした際に「これ見たことある?」 と、一冊の本を渡されました。「あの社員はなぜNo1なのか」タイトルからいきなりモチベーシ…

記事を読む

レインボーを使う?それともビンボーにする?

 ■ハイヤー業界の話
ある午後の時間、配車デスクにある自分の札を覗きにいくと、自分の前にまだ数人の人の札が並んでいました。これじゃあ夕方まで出庫しないなあ…そんな見当をつけて、控室…

記事を読む

道路地図をほとんど使わなくなりました

夕方、新宿で2時間ほど待機することになりました。
さて、今日はどうするか・・
とにもかくにもトイレで用を足すことが先決だな・・とそう思ったのですが
近くにコンビニらしきところもなく、
ナビの画面上に新宿中央公園の緑地帯が目にはいったので
あそこなら公衆トイレがあるし路駐もできると、ハンドルを切り返しました。

IMG_5125.PNG

以前ここの公衆トイレを利用したことがあったのですが
かなり前の話でトイレの位置の記憶があいまいで、
これじゃ広い公園内を右往左往することになると
場所を確認するために一旦車を路肩に止め、スマホに手を伸ばそうとして
その手が止まりました。

そうだ、グーグルマップでは公園のトイレの位置まではわからなかったんだ
こればかりは道路地図をみなくちゃな

ひとりでぶつくさ言いながら
ドアポケットに突っ込んである道路地図を引っ張り出しました。
この時、久方ぶりに道路地図のページをめくる自分に気が付いたのです。

道路地図を使わなくなった

かつて毎年購入していた道路地図
しかし今、私が手にしている地図は2013年度版
かれこれ3年も前になる

どうして地図を買わなくなったのかはお分かりですね

原因は、スマホの地図検索アプリの機能が
私の中では、道路地図はもう必要ない・・
そう言いきれるレベルに到達してしまったからなのです。

入社したての頃は地図とにらめっこしながら、
ボロボロになるまでページをめくりめくっていた日々が懐かしくなります。

5年くらい前(2010年ころ)までは地図とネット検索を併用していました。
特にわからなかったのは右折禁止や回転禁止のところ。

ところがここ数年で、私の愛用するアプリ「グーグルマップ」では
ストリートビュー機能の登場とその操作性の飛躍的向上によって
都内であれば目的地の建物、出入り口、周辺の建物などを
瞬時に画像で確認できるのはもちろんのこと

一方通行、右折の可否もグーグルアースによる航空写真を通して、
道路に記された車線によってわかりますし、
Uターンができるかどうかなども交差点にある標識の画像から調べることが可能です。
google map.JPG

地図は随時更新され新しい情報に変わっていますし、
このようなすべての機能を余すことなく利用させていただいても
無料じゃないですか。
これはグーグル社のビジネスモデルが今までの常識を覆してしまったからで
この時代的恵沢によって
毎年地図購入に3000円近くを投資する必要がまったくなくなったわけです。

わざわざ現地に赴かなくてもスマホですべて事前調査が完結してしまう時代
ハイヤーの仕事が本当にやりやすくなったことを実感します。

音声入力も性能向上

最近では、いちいち検索窓に文字を打ち込む必要もなく
マイクボタンをおして
スマホに語りかけるだけでサクサクと文字が入力されていきます。
そして、その機能はバージョンアップのたびに向上していくことを体感します。

車載されたナビと併用してスマホでも目的地を検索すれば
所要時間や複数の経路を即座に検索できますし
最近知った機能で圧巻だったのは
目的地に向かう日付と時間を設定して所要時間を割り出すことが可能になったこと。

使い慣れてくると、指の動きもいっそう滑らかになります。
ですから、急な目的地変更でも、ナビをセットするよりも早く対応可能となりました。

もちろんこういった情報をすべて鵜呑みにするわけではありませんが
検索による様々な情報が私に安心感を与えていることは確かです。
ですから、以前にも増して ストレスなく快適に仕事を行えるようになったことで
ハイヤーの仕事は、この情報革命の恩恵を最も多く受けている業種の一つではないだろうか
最近つくづく感じています。

お客様も自分で確認している

お客様も後部座席でジッとしていません。
スマホやタブレットで道路状況を確認し
到着時間を割り出して、
乗務員にお任せするが、でも、一応自分でもしっかり確認しておく
そんなお客様も少なからず現れ出しました。

ある時など
私がスマホで確認していると
明らかに私と同じアプリを使用しながら
「東名でいきますか?
 それとも保土ヶ谷バイパスを使いますか?」
なんて聞いてきたお客様もおられて、
時代の波に上手に乗りながら、
文明の利器もきちんと使いこなせていないといかんな
そう思わされる場面に出くわしました。

IT化に無頓着なベテラン乗務員さん

ところで、ある仕事で一緒になった大手ハイヤー会社所属のこの道30年ベテラン乗務員さんは、今の時世の変化など一向におかまいなしのマイペースといった感じでした。

一応スマホは持っているんです。
でも
アプリはあっても使いこなせておらず
通話とカメラ機能と、ちょっとした調べものに
ヤフー検索を使っているだけでした。

  アプリがどうだとかって、細かいこと言われてもわかんねえからよぉ

komatta.jpg

苦笑いしかでませんが・・

時代に即して会社が乗務員に求めるスタンダードがあります。
でも、既に長年勤務しているドライバーは自分を無理に変化させなくても
経験値でそれなりにこなせてしまう職種であることは否めません。
ですから、社内における世代間の意識格差はとても大きいものがあります。

ただ、ハイヤーは一匹オオカミ型の仕事ですから
時代に乗るか、それとも現状維持か
つまりは自分の目指すところがどこにあるのか・・にすべてはかかっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてと、あったあった
ありましたよ
地図にWCのマークが公園内に示されています。
都内の公衆トイレを見つけるには
まだ道路地図が必要になるんですね。

久しぶりに開いた新宿駅周辺の地図を見ながら
車載しておく価値はあると思ったのですが

その瞬間に

いや、まてよ

私はもしやと思って
「公衆トイレ」でアプリ検索をしてみたら
出てきました

その名も「トイレ情報共有マップくん」

トイレ情報共有マップ.JPG

あるんですねぇ・・こんなアプリを開発する人の顔が見たい・・

レビューをいくつか読んで見ましたが
そこそこ悪い評価が少なかったため一応ダウンロードしておきました。

東京都内であれば公衆トイレを捜すのに使えるアプリのようです。

そうなると
もうこの道路地図はいよいよお倉入りか・・・


暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

知ってました? 当り屋グループ都市伝説

先日私の元に一枚のチラシが届けられました。
ある大手飲料メーカーの配送ドライバーから回ってきた情報だということで、
仕事で出向いた企業の秘書さんからいただいたものです。

IMG_4626.JPG


「当り屋グループ」が山口県や関西方面から来ているという情報
被害が続出しているようなので、くれぐれも事故をおこさないよう注意して運転してくださいね。

渡される時に、そう一言添えられました。

先回信号無視による警察からの指導事件があったばかりでしたから
今度は事故に対する注意喚起をされたように感じて
チラシを受け取るとすぐに記載された文字を丁寧に目で追いました。

お台場周辺でも目撃情報?

お台場周辺でも3〜4台の目撃情報があるそうだ・・・
太字で書かれた下に
1から5まで箇条書きにされた内容がありますので
順を追ってご紹介します。

【1】下記のナンバー車両と接触事故を起こした場合は、その場で示談せず直ちに警察へ連絡すること

ataria list.jpg


列挙された当り屋グループのナンバーリストをみると
山口、大阪 なにわ 水戸 和泉 神戸 姫路ナンバー 合計84台
中には女性ドライバーも存在しているようです。

【2】警察が到着する前に、自分の勤め先や氏名、住所、電話番号を教えたり免許証を見せたり絶対しないこと
【3】このチラシのコピーを必ず携帯すること
【4】友人、知人に至急知らせてあげてください。
そして最後【5】には
社用、自家用車を問わず、このコピーを出来るだけ多くの方に配布して知らせてください。

となっていました。

当り屋グループの「当たり方」

当り屋グループはどういう方法で当ってくるのかに関しては

●サイドブレーキを引いて停止するのでストップランプが点灯しない
●後方から異常接近してくる。

というもの。

前方を走る車のブレーキランプが点灯しないとなると、特に混雑時には
たしかに危険です。

ただ、私は「グループ」というので、なんとなく暴走族を連想し、
複数の車で激しく攻めてくるものと思ったのですが、出ている情報を読む限り
組織的な動きはない様子です。

私は最後まで目を通すと、
 ― これはやはり営業所にも報告すべきだな・・
そう思ったのですが、
ここでふと、こういう情報が私の手元まで来たとなれば、今の時代ですから
すでにネット上で拡散しているに違いない・・・

それで、すぐさまスマホで「当り屋」で検索をかけてみたら

な、な、なんと・・・やっぱり拡散してました!

この情報はすでに30年も前(昭和61年ころ)から出回っていて
たとえば山口ナンバーの車が多く掲載されていますが、
山口県警ではそのような事実はないといった広報をしていたようです。
(山口県警のHPには現在掲載はありませんでした)

そして、いくつかのブログなどのサイトで紹介されていた情報や、
当り屋のナンバーリストは
私が今手にしているチラシの内容とほぼ一緒であったのです。

更に、こういった善意のデマ情報に関して、その広がり方を研究対象にしている大学もあるということがわかりました。

30年の間、
都市伝説のように広がっている「当り屋グループ」情報


車の中で、一人苦笑い・・・

nigawarai_man.png

なんだ。ガセネタか
しかしこんなチラシ見せられたら、誰だって善意で回覧するだろうに・・・

昔はこの手の類の情報は紙ベースで回覧されたり、ファックスで送られたりしていたので、事の真偽がはっきりしないままな長い年月をかけて拡散していったようです。

しかし、今やインターネットの普及拡大により、ここ10年ほどで情報伝達は電子媒体に完全に移行しましたし、検索機能も充実してきたので、
ある程度のガセネタを選別できるようになりました。

しかも、返って不確かな情報を拡散しようものなら、発信元を特定されて、
いわゆる「ネット炎上」することもありますから、
常識ある人は、自分のもとに来た情報が正しいかどうかを真っ先にネット検索して調べるわけです。

ところが、私も秘書さんも似たような世代の人
すなわち、紙から電子へと情報伝達媒体が移行する中間的な時代に生きてきたので、すぐ検索する・・・といった癖がついておらず、舞い込む情報を鵜呑みにしやすいのですね。

特にこのような善意と取れる情報は注意喚起の意味も含めて、
すぐにでも知らせたいと思うでしょう。

これは危うく恥をかくところでした。

私の知る「当り屋」とは

私がかつて「当り屋」の存在を初めて耳にしたのは小学生のころでした。
東京に山谷というところがあって、(現在の東京都台東区北東部にあった地名 現在の清川・日本堤・東浅草付近))
ここには当り屋が出没するから、車で通るときには十分注意しなければならない・・・知り合いの車に同乗したときに言われた記憶がまだ頭に残っています。

しかし、この「当り屋」は車を使うのではなく、
人が車に当たってきていちゃもんをつけるというものでした。

こういうたぐいの当り屋は今でもたまにあるようで、
イスラム国の自爆テロのような筋入りの当り屋に運悪く遭遇してしまうと
我々営業で車を使用するものはひとたまりもありません。

まだ車のほうが、車間距離を十分にとることや、
周囲の車の動きに配慮して、いわゆる防衛運転を心掛けていれば、
高い確率で危険を回避できるであろうと思います。

事故は人間同士のぶつかり

どちらにしても営業車にとって、違反と事故は常に気をつけなければならないことです。

そして、仮に事故を起こしてしまった場合でも、相手が当り屋であれ何であれ、区別なく一貫して誠意をもった姿勢で対応することが最も重要ではないかと思います。
車同士ぶつかったといっても、最終的には人間同士がぶつかるのですからね。

今回私の元に舞い込んできた、いわゆるガセネタ都市伝説も

 信じるか信じないか、それはあなた次第です!

ではなく

どうしてこのタイミングで届けられたのか
そう考えることにしました。

どこまでも基本に忠実に業務遂行すべきであり、
“漫然とハンドルを握るべからず”
といった、私に対する忠告の情報には変わりないのですから。


参考 中国新聞の記事

2002年5月29日付
http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~satot/rumor/rumorJPEG/%92%86%8D%91%90V%95%B7020529.jpg

【PR】自力で話せる英会話【ADVANCED BEGINNER】ビデオ講座

暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
 タグ

車両管理のご褒美 レクサスサロンのおもてなし

「いらっしゃいませ
 ハイヤーマンさまですね。
 ご来店ありがとうございます!」

車の整備の関係でレクサスディーラーに3か月に一度は行くのですが
はじめのうちは、もてなされることに戸惑いを感じていました。

lexus_.jpg


事前に整備の予約をとるので、車を店にすべりこませると
すらっとした美形の女性が現れます。
車のナンバーを見て、ぺこりとお辞儀をし
おーらい、おーらい、と大きな声を出して手を振って、車を駐車スペースに誘導してくれます。

車が収まるのを確認すると
その女性社員がドアを開けてくる・・・

  「どうぞこちらでお待ちください

案内されるまま後についていくと、
天井の高いつくりのちょっとしたサロンのような雰囲気の部屋に通されるのです。

  「どうぞおかけになってお待ち下さい

  「はい、ありがとうございます

こちらも思わず頭を下げてしまいます。

適当に空いた席に腰をおろすと、今度は違う女性が歩み寄り
ソファーに座っている私の目線の下に入るように
膝を折りながら腰をかがめ、にこりと笑顔をむけながら

  「お飲み物は何になさいますか?

とメニューを差し出し尋ねてくる・・・

ここはカフェじゃないでしょうに・・・

いつもなら営業所の自販機で自分でコーヒーをいれている立場ですから
こうした非日常の、ちょっと過剰すぎるおもてなしを受けるといういのは
何とも気持ちが落ち着かなくなるものです。

その影響なのか、女性が差し出したメニューにはいろいろな飲み物が書かれてありましたが
まともに読めたのは「blend」の文字だけだったので

  「では、ブレンドで・・・

  「はい、かしこまりました・・・

ぱたりと閉じたメニューを脇にはさみ
くるりと方向を転換して部屋を出て行く姿を
気が付いたら私の目が追いかけていました・・・

お店の中

ぐるっと周囲を見渡し自分の置かれた環境の確認作業に入ります。

正面には50インチくらいの大きな液晶テレビが置かれ

IMG_3411.JPG


壁にはいくつかの絵画がかかっており

2015-08-21 11.47.43.jpg


また、向かいの壁にはショウウィンドウがあって、
その中には
レクサスのロゴの入った様々なグッズが陳列されている

IMG_3413.JPG


まさにサロンです。

アメリカにおいても
レクサスはすごいといっていたお客様の話をふと思い出しました。

何がすごいのかって
とにかく一度車を購入すると、アフターサービスが充実していて
アメリカ人顧客のハートを鷲掴みにするんだというのです。

私は初めてレクサスのディ−ラーを訪れた時
あの時のお客さまの言っている意味を実感しました。

日本車の最高クラスは「レクサス」

今や世界の自動車業界トップを走るトヨタ
そのトヨタが5年に及ぶ準備を経て、1989年より北米マーケットを舞台に高級車路線を打ち出し登場したブランドがレクサスです。

日本では2003年2月にレクサスブランドを発表。12年の歳月を流した今、「」のロゴも珍しいものではなくなるほど、いつのまにか日本の高級車市場でも欧州車のシェアにかなり食い込んでいます。

最高クラスのLS600はメーカー規模小売価格表をみると1000万から1600万円の間で値がついていてるにもかかわらず、多くの企業が社用車として導入していることもあって、東京都内を車で流してみれば、あちこちで目にしますよね。
時代の流れでしょうか、センチュリ−やクラウンはかつての威光に陰りが生じているようにさえ感じます。

どの企業も社用車選定では社長や役員たちの意向、そして取引先との関係も加味して何を導入するか決定するようですけど

日本の企業なんだから日本車に乗る
高性能で燃費も良い、故障もしない
そして、会社のメンツも考えて、やはり最高級車にしなくては・・・
そんな心理が強く働くのでしょうね。

だから現行においての日本の最高クラスは、

「レクサス」でしょう。

個人では手が届かない・・・でも会社で買えば
どうせ乗るならねえ・・・

みんな「最高級の車」に乗ってみたいのです。

かといって、車から受ける威圧感、権威みたいなものを極力和らげたいとう気持ちが働くのか
レクサスの場合、車の色も、真っ黒よりか若干少し紺を混ぜたものも多く出回っているように思います。
どこまでも控えめな日本人らしい心遣いです。

実はアメリカの富裕層も段々とアメリカンドリームの象徴のようなコテコテ、ギラギラの高級車を嫌う傾向にあって、その潜在的不満を見事に市場調査ですくい取ったレクサスが北米市場に食い込んでいったというのです。

個人においては欧州車が根強い人気

ところで、個人レベルとなるとレクサスよりも外車に目がむくようです。

   電気系統がやや弱いけれども、面白味がある・・

後部座席で漏れ聞こえる車談義は、もっぱら欧州車が優勢です。

乗務員仲間の声を集めると、仕事として車を使用するなら日本車が絶対によいと言う意見がほとんど。
なんといっても、日本人が好むように機能的な仕様にできているからです。

以前私はお客様のBMWで仕事をした時は本当に大変でした。
慣れれば問題にならないことですが
とにかく車が大きいこと
そして、
右ハンドルでありながら、ウインカーとワイパーのレバーが逆ですよね。
右左折で何度もワイパーを動かし、挙句の果てにウォッシャー液まで飛ばして恥ずかしい思いをしたんです。

それにナビが全く使えない。
5年前だったのですが、タッチパネルではなく、ダイヤルとボタン操作でした。オーナー車でしたから、そういうオプションには神経を使わないのです。

でも、乗り心地はやっぱり日本車と違うので、こういうところに車好きが魅力を感じるのだろうなあと思いましたね。

Lexus_sign.jpg

車両管理のご褒美

さて、このレクサスの手厚いアフターサービスをじかに受けているのは
社用車でレクサスに乗る役員運転手たちではないでしょうか。

彼らは預かった車を管理する立場ですが、そのほとんどがハイヤー会社所属か
派遣会社から送られてきた人たちであって
所有している会社の役員たちではないということです。

普段はビルの地下駐車場の控室で寂しく待機している運転手さんたち。
でも、車両管理のご褒美のように、少なくても点検時には
レクサスからのおもてなしをたっぷりと受けるようになります。

一時ですが、まるで車のオーナーになった気分に浸れるんですからね。
実入りは少ないですが
レクサスを扱っているというステイタス性は確かにありますよ。

営業所内でも、レクサスに乗ると
まわりから必ずといっていいほど
「レクサスはいいか?」と
なんとなくうらやましそうな目つきでたずねられるのです。

車にメールが来る

整備が終わった翌日、車のエンジンをかけると
ディーラーから来店のお礼をメールで送ってきました。
しかも、それを自動音声で読み上げてくれるんですね。

何回か経験すると、システマティックなところがかえって違和感を覚えますが
それでも、こういうキメの細かいサービスを提供しながらしっかりとユーザーを取り込んでいく戦略を、日本だけでなく欧米にも適用しているというのですから、レクサスブランドの強みを改めて実感しますね。

 タグ

あの社員はなぜNO.1なのか

先日、時折会う日本交通の方との情報交換をした際に
「これ見たことある?」 と、一冊の本を渡されました。



「あの社員はなぜNo1なのか」

タイトルからいきなりモチベーションを上げてきます。

この本は2010年7月、マガジンハウスから出版されたものなんですが、
著者である井上健二氏は様々な業種から5人のNO1社員の仕事術を取材し紹介している本です。



1.20年で市場規模5分の1.危機に瀕する着物業界で売り場を拡大させる男
2.53歳で販売員の道へ。2200人の頂点に立つ、セールスマスター
3.リーマンショックの最中、販売最高記録を樹立。日本一アウディを売る男
4.15坪の小さな街の本屋を日本一に変えた顧客の心を掴む書店員

そして5番目に紹介されているのが

IMG_3647.JPG


5.国内外のVIPたちから絶大な信頼を集めるハイヤードライバー

この本で紹介されている岩楯幸男氏は、現在日本交通のハイヤー研修センター(HKC)で主任教官として
後輩の指導に当たっているといいます。

これまでハイヤーに関する話題を紹介した書籍を見たことがなかったので
興味深く読ませてもらいました。

タクシー関連の書籍は多いのに・・

タクシー関連の書籍は結構ありまして、目立ったものを調べると
以下の通り

東京タクシードライバー

タクシードライバー日誌 (ちくま文庫)

潜入ルポ 東京タクシー運転手 (文春新書)

タクシー裏物語 現役ドライバーが明かすタクシーの謎

タクシーほど気楽な商売はない! あなたにも今すぐ始められる悠々自適の年収800万円ライフ!

タクシー運転手になって人生大逆転! (角川SSC新書)

人生と経営はタクシー運転手が教えてくれる

タクシー王子、東京を往く。―日本交通・三代目若社長「新人ドライバー日誌」

このうち
「タクシーほど気楽な商売はない!
あなたにも今すぐ始め られる悠々自適の年収」(下田大気 著)は、近所にある図書館においてあり、
借りて読んだことがありました。

ちなみにこの著者下田大気という人は
直木賞作家の志茂田景樹さんの息子さんで破天荒な経歴の持ち主、
起業しては失敗、倒産を繰り返し自己破産までした人物で、
その後タクシー乗務員となってリベンジの成功を遂げ、
今年4月に行われた武蔵野市議会議員選挙で出馬し1363票で初当選しました。

shimoda.jpg


日本交通の現社長である川鍋一朗氏が
自らタクシーに乗り営業した体験記は以前にご紹介したことがありましたね。
日交さんとの立ち話

日本交通ハイヤー乗務員の必読書

どうやらこの本は、日本交通のハイヤー乗務員になろうとする人には
必読書になっているようなのです。

だいたい、昔からハイタク業界に足を踏み入れる人は、
いわゆる「訳あり」の人が多く
質も柄もかなり悪かった・・・(すべてではありませんが・・・)

私自身も転職組で、それこそ行き場を失い、たどり着いた島が
このハイタク業界であったという
いわば、典型的な「流れ者」といってもよいでしょう。

ところが、この本で登場する岩楯氏は
父親もハイヤー乗務員としてハンドルを握っていて
子供の時からその背中を見て育ち、尊敬と憧れの思いを抱きつつ
工業高校卒業後、建築関係の仕事に就くのですが
ハイヤー乗務員になるために退社、
大型トラックやトレーラーの運転手を経て、二種免許を取得し、
26歳の若さで日本交通に入社。
晴れて念願だったハイヤー乗務員になったのです。

筋金入りのハイヤーマン

いるんですね。こういう人が・・・
まさに 「筋金入り」とはこういう人をさして言うものだと感心しました。
仕事に対する情熱、取組みが根本から違っているのです。

本では更に、経歴が続いています。
彼の日々の努力が目に留まり、
出向先の企業から専属の運転手として引き抜かれ
日本交通を退社、役員付運転手として6年働いた後に
再び日本交通の門をたたき、今度は川鍋社長に直接履歴書を出して、
自身の持つビジョンを社長にぶつけたといいます。

2005年35歳で三代目社長として就任した川鍋一朗社長にとって
日本交通改革をどうすべきか考えあぐねていた時だった・・・
岩楯氏のカムバックは、ハイヤー部門の改革に大きく貢献してくれるであろう
という期待で大歓迎したことでしょうね。

岩楯氏は自ら培ってきたハイヤーの仕事のノウハウを体系化して
ハイヤー研修センターを設立、新人乗務員の指導を開始したというのです。

氏に刺激を受けたのか、岩楯氏の入社した2007年の暮れに
川鍋社長は周囲の反対を振り切って自ら1か月タクシー運転手を体験しています。

私が耳にしたエピソードの一つに
それまでハイヤー乗務員希望者は全員タクシー研修を2〜3か月させていたのですが、これを辞めさせたというのです。

その理由は
タクシーとハイヤーでは運転の仕方が違う。仕事のやり方が違う
3か月タクシーの研修を受けるとタクシー式運転、思考が身についてしまい
それを体から抜くまでに3年かかる

という持論を展開し、
ハイヤー専門の教育を新人乗務員にたたきこんでいるといいます。

ちなみに
最近kmに入社した方から教えていただきましたが、
ハイヤーの新人研修過程でタクシー研修を3か月させると聞いたばかりです。
私も研修時にタクシーに乗りましたが
岩楯氏の観点はなるほど一理あるかもしれないと思いました。

ただ、私の場合は、東京出身でありながら、地理がわからなかったため
かえって地獄の特訓のようにタクシー研修に押し込めらえたことで、
覚えることに必死になれたのと、
お客様の対応を学んで度胸がついたことで、
個人的にはタクシーを経験して良かったと思っています。

ハイヤー各社の色がだんだん鮮明に

今(2015年5月現在)、日本交通では入社して5か月間の研修を通して、
運転技術や英会話試験、秘書検定資格取得などを経て
教官による同乗試験にパスして初めて正社員として登用するといいます。

仮にその最終試験に通らないと1年間は契約社員として在籍し
再び試験を受けるようにする、かなり厳しいシステムをつくっています。

業界のトップを走り続けるには
それ相応の気概が必要ですし、高い企業文化を維持していくためにも
入口のところでしっかりと教育をしなければならない。
そして、ゆるぎないトップブランドを創出しようと努力していることを感じました。

それはkmさんもやり方が違っても考え方は同じように思います。
近頃採用している乗務員は大卒者ばかりなんだとか。

大学まで出て、ハイヤー運転手をやるのか
何のために大学で勉強したかわからんな・・・

ベテラン、古参の人たちは、トップの改革を斜めに見ている人も結構いるようですが。

しかし、変化の激しい今の時代
きちんとしたコンセプトや、企業文化を構築しないまま
なるようになる式に、手をこまねいてただ傍観していると
時代の変化に足元をすくわれてしまうという危機感が経営陣にあるのかもしれません。

また、近い将来、企業の上場を視野に入れた経営戦略だとも考えられます。

5年後のオリンピックに向けた取り組みも今後注目されるでしょう。


ちょっと最近マンネリ化してしまい、
仕事に張りをなくしているなと感じておられる方には、
待機時間を使って一読するのに丁度良い本になりますよ。
きっと・・・


 タグ

レインボーを使う?それともビンボーにする?

ある午後の時間、配車デスクにある自分の札を覗きにいくと、
自分の前にまだ数人の人の札が並んでいました。

これじゃあ夕方まで出庫しないなあ…

そんな見当をつけて、控室にもどり
同僚とあれこれ話をしていたら、新宿のビル群の話題になって
かつて叔母から聞いた話を思いだし紹介しました。

それは叔母が新宿でタクシーに乗った時のこと、

運転手が
「お客さんどちらのビルへ?
ブラジャー? パンティ? それともスカート?」


いったい何を突然言い出すのかと叔母が面喰って目を丸くしたところで
その運転手は叔母の表情を見てにやにやしながら

「あれれ、知らないのですか?
ブラジャーとは京王プラザホテル
パンティは三角ビルのこと。新宿住友ビルですよ。
そしてスカートは安田火災ビル(当時)なんです。
覚えておいてくださいね。」


すると、叔母も負けじと

「じゃあ ブラジャーまでお願いします!」
と言ってのけたという話

京王プラザホテル.jpg

京王プラザホテル(1971年竣工 地下3階 - 地上47(本館)階)


住友三角ビル.jpg

新宿住友ビル(1974竣工地上52階地下4階)


損保ジャパン本社ビル.jpg

安田火災ビル(現損保ジャパン日本興亜本社ビル)

1976年竣工 地上43階・塔屋2階・地下6階


ビンボーブリッジ?

すると、横で聞き耳を立てていたベテランの方が

「じゃあこれを知っとるか?
金持ちはレインボーを使うが、金のない奴はビンボーをとおるんだぞ、
アハハハハ・・」


我々は目を合わせて一瞬固まってしまいました。

若い人が聞いたら、おやじギャグだと馬鹿にされそうな冗談・・・。

都心からなら湾岸線に抜ける時に通る11号台場線
すなわちレインボーブリッジ。

この橋は2階建ての構造になっていて、上を高速道路が走り、
下はゆりかもめの愛称で知られる東京臨海新交通臨海線が走っていますが、
それと並んで一般道がのびています。

その一般道は当然無料で渡れるわけで、それを揶揄して
「ビンボーブリッジ」と呼ぶというんです。

まさかお客様に
「本日はレインボーにします? それともビンボーで参りましょうか?」
なんて問いかけはできないでしょうが・・・

レインボーブリッジ.jpg


ビンボーはいつもすいている

週に何度も羽田に出向くという請負で出向している運転手から
あのレインボーの下道はいつ通っても渋滞がないので
上が詰まってどうしようもない時は、臨界副都心で高速を降りて
そのままビンボーを使って海岸通りに抜け、新橋に出るという方法もある。
というアドバイスを受けたことがあります。

ちょうどこの7日 午後6時になろうとしている時
羽田空港から汐留に御客様を送る仕事がありました。
高速の渋滞情報を見たら案の定、渋滞。

jutai 11.PNG


空港中央から大井南で1号羽田線に行く方面が渋滞、
11号台場線も真っ赤でしたので、
この時、例のアドバイスを思い出して、迷わず臨界副都心で高速を降り
レインボーの下道、すなわちビンボーを利用してみると
話の通り、すいすいと気持ちよいほど抜けていきました。

羽田から都心に向かうコースはいろいろとありますが
このレインボーの下道を使うという選択肢も一つ準備しておくと
もしもの時に役に立つな。

これって、まさに「起用ビンボー」じゃないの!

一人でつぶやいて、思わずにやり( ̄▽ ̄)


えっ? 漢字も使い方も違うって?


そのくらいは存じ上げております。( ^)o(^ )


年明け早々失礼致しました。

 タグ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
高級車.jpg
  
カテゴリ

ドライバー ブログランキングへ にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
最近のコメント
【参考】羽田空港のVIP口 レアケース
 ⇒ 東京ハイヤーマン (09/07)
 ⇒ (09/07)
ハイヤーのおいしい仕事…ゴルフ送迎
 ⇒ 2年目ハイヤーマン (08/05)
3年ぶりに訪れた首都高八重洲線 東京駅八重洲地下出口
 ⇒ 東京ハイヤーマン (03/16)
 ⇒ マグネシウム (03/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/17)
 ⇒ ATSUSHI (02/17)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/14)
転職先をタクシーにするかハイヤーにするか タクシー研修経験こぼれ話
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/31)
 ⇒ uchukuzi (01/30)
 ⇒ nyantama (12/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (12/14)
 ⇒ nyantama (12/14)
2017年 元旦 新年のご挨拶
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/25)
 ⇒ nyantama (01/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/09)
 ⇒ nyantama (01/09)
ハイヤーの労働環境
 ⇒ nyantama (11/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/22)
 ⇒ nyantama (11/21)
 ⇒ ルパン (11/19)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/07)
ハイヤーの事故
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/16)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/10)
プロフィール
●年齢:50代
●家族:妻・子供あり
●住まい:東京都内
●職業:ハイヤー乗務員
●E-mail:hireman50@gmail.com
●経歴:東京出身。大学を出た後、
    教育関係の仕事に就く。
    一時独立したが頓挫。
    その後いくつかの業種
   (新聞社、病院検査会社、
    不動産、リフォーム建築)
    を経験。2008年、営業系の
    仕事を希望して再び転職活
    動し、唯一内定をもらった
    ハイヤー会社に再就職し
    現在に至る。
ファン





Amazonランキング1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン
⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓
bana-1.jpg
期間限定¥1000 → ¥0




Copyright © 走れ! 東京ハイヤーマン All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

日本レコード商業組合