ハイヤー運転手 ブログ ハイタク業界

東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介

お知らせ

記事一覧

2017年 元旦 新年のご挨拶

 ■ご挨拶
2017年 平成29年明けましておめでとうございます東京オリンピックを3年後に控えた今年、首都東京は、あちらこちらで五輪準備のための新改増築の工事が行われ、重機や土…

記事を読む

転職先をタクシーにするかハイヤーにするか タクシー研修経験こぼれ話

 ■本音
ある大手ハイヤー会社の募集要項を見ていたら、どこをどう間違ったのか、タクシー募集の要項へリンクして飛んでしまいました。そのサイトで目を惹きつけたのは、あるタク…

記事を読む

【空港送り】隠れたハイヤーサービスはできてますか?

 ■サービス
緊急事態発生「お気をつけて行ってらっしゃいませ!」深々とお辞儀をし、海外出張と思われるお客様を都内から成田空港へお送りすると、それまでの約1時間 若干気を張っ…

記事を読む

2017年 元旦 新年のご挨拶

toridsi.JPG

2017年 平成29年
明けましておめでとうございます

東京オリンピックを3年後に控えた今年、首都東京は、あちらこちらで五輪準備のための新改増築の工事が行われ、重機や土砂を運ぶ大型ダンプが今まで以上に都内を横行することが予想されます。従って、渋滞や通行止めなど、少なからず我々の営業活動に支障をきたすのではないかと心配になります。
 さて、そんな中でハイタク業界も当然ながら五輪開催に向けた準備に拍車がかかってくることでしょう。

すでに都内のタクシーは、利用者の利便性を考え、初乗り運賃を1キロまで410円とする「ちょい乗りタクシー」導入を検討する実証実験を始めましたし、乗り降りがより楽なワンボックスタイプへの車種変更も徐々に進んでいます。
さらにハイグレードタクシーも台数が増加しているので、やはりタクシー業界は公共交通機関として、時代の要請や庶民のニーズの変化にフットワークよく呼応していることが目に見えてわかりますね。

ハイヤーの労働環境は

一方、ハイヤーの労働環境はこういった波の中で今後どうなっていくでしょうか。

国際社会の中で日本の認知度が高まり、海外から国賓やVIPの来日、国際会議などが増加するならば、それに比例してある程度の需要増加が見込めるでしょうが、ハイヤーが法人を対象にしたサービスを展開している以上、企業がハイヤーをどう活用するかにかかっているといってよいと思います。

そういう視点に立ってみますと、現在、企業の保有する社用車の台数以上にスポットで車両が必要な機会というのは、各社一年を通してだいたい決まってますから、ハイヤー自体の仕事量は横ばい状態が続くのではないでしょうか。

収入は残業時間の規制によって頭打ち

昨今、大企業の残業時間が社会問題化したり、過労による事故が頻繁におきて、特にお客様の生命を預かる交通機関の一つであるハイヤーやタクシーでも、残業時間に対する規制がかなり厳しくなってきています。

以前なら稼ぐ意欲のある人は配車デスクに掛け合ってでも、仕事を回してもらうようにしていたのに、近頃仕事量の減少とあいまって、残業に対しても規制が入ることから、思うように収入が伸びなくなってきています。

ハイヤーの仕事は「守りに徹する」こと

こういう状況を手をこまねいて傍観するのではなく、何か工夫を凝らして需要アップできないものかと頭をひねってみるものの、これといった斬新なアイデアが浮かんできません。

タクシーのように料金設定を変え、サービスを向上させるというような方法では、ハイヤーのビジネスモデル自体を崩しかねないので、結局のところ、我々担当乗務員がレベルをあげて、「あなたでないと困ります」と言わせしめるような関係を法人とのあいだに構築していくこと以外に方法はないのではないかと思います。
そういうことから、我々の仕事は、どこまでも守りに徹しなければならない宿命にあるのでしょうね。

ハイヤーはアナログ的仕事だが、無くならない

AI(人口知能)の目覚ましい発達によって、様々な方面で人がいなくても業務が回るようになってきました。このままでは人が手掛ける仕事がなくなっていくのではないかと、将来を心配する人もおられることでしょう。

しかし、ハイヤーは車を使用する仕事とはいえ、実にアナログ的な仕事です。たとえ科学技術が進歩し、どんなに自動化、機械化が進んでも、絶対になくならない・・いや、ハイテク化すればするほど、生身の人間の直のサービスが貴重になっていくために、この仕事の価値はさらに高まってくることでしょう。
だからこそ、この仕事に携わる私たちの人間力が益々重要になってくると思います。

今年の抱負

本年からは、そのような観点に立って、当ブログが我々の人間力向上に少しでも寄与できるような情報発信に努めるとともに、横のつながりを広げていくために、過去に転職相談や記事に対するコメントを下さった方々との関係を密にしたいと思っております。

本年も引き続きご支援、ご鞭撻のほど、何卒宜しくお願い致します。

2017年 元旦

東京ハイヤーマン


暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

転職先をタクシーにするかハイヤーにするか タクシー研修経験こぼれ話

ある大手ハイヤー会社の募集要項を見ていたら、どこをどう間違ったのか、タクシー募集の要項へリンクして飛んでしまいました。

そのサイトで目を惹きつけたのは、あるタクシー乗務員の転職の話。
はじめハイヤー志望であったのに、採用後行われる研修でタクシーに乗ったところ、ハイヤーよりもタクシーの営業に魅せられてしまい、そのままタクシー乗務員として仕事をするようになったというのです。

記事に目を走らせながら、タクシー研修を受けていた当時の自分の状況がよみがえってきました

タクシーの魅力とは

「恐れ入ります。新人です。道のご案内お願いします」

教官から、とにかく乗り込んでくるお客様に対し、この挨拶言葉を必ず言うように。そしてお客様に道を教えてもらうようにすること!

口酸っぱく受けた指導に対し、内心では、
――お金を払うのはお客様。なのに道まで教えてくれって、それ、おかしくない?? と反発したものです。
しかし、実際ハンドルを握ってみると、お客様から指示された行先がさっぱりわからず、教えられた決まり文句にどれだけ助けられたことかしれません

1日に乗車される人が平均で40人にもなってくると、だんだんと人慣れ、道慣れしてきます。
そしておぼろげだった都内の道路も徐々に頭の中に描かれていくにつれ、一、二度案内した経験がある場所を指示された時には、距離に関係なくその場所までの道を知ってる自分がうれしくなって

かしこまりました。○○ですね!

と語気にも力が入り、目的地に到着し料金をいただくと降車の際にお客様から「お世話様」の一言でもいただこうものなら、お役に立てた喜びから、
 
 この仕事って自分に合っているかも・・

と、自分の顔がにやけているのを感じてました。
taxi.jpg

お客がお客を呼んでくる面白さ

タクシー乗務員さんは皆さん経験されることですが、仕事に流れというものがあるということです。

この「流れ」に乗り始めると、一人のお客さんが降車されると、まるでバトンリレーのようにドアを締め切らないうちから乗り込んでくる。
信号待ちしてたら後ろからドア窓をたたく音がして乗り込んでくる。
たくさん空車が走っているのに、お客様の手を挙げるタイミングと自分の車の動きとがぴたりとあって乗車していただく。
行く先々でお客様からコールがかかり、後部座席に人がいないときがないほど忙しくなることがあります。

タクシーの研修教官が「お客がお客をよんでくれるよ」と禅問答のように言われた言葉の意味がこういう経験をとおして身に染みてわかるようになると、仕事が面白くなって

 やっぱりこの仕事 自分にあってるみたいだな・・

とつぶやいていました。

ツキを失ったときの悲惨さ

ところが、これとは正反対に、まったくもってツキを失ってしまうことがあります。完全に流れが止まるというやつ
・タイミングが悪く自分の前方を走る車にお客をとられていく
・やっと乗り込んできてもワンメーターですぐに降りられる
・うまくご案内できたと思ったらクレームを言われる
・「新人です」といったら、乗車したお客様は舌打ちをしてすぐさま降りられる。
実はお客様が乗り込むと同時に挨拶をして、すぐにメーターをいれるように指導されていたため、発進しないまま降車されるとワンメーター分を自分が負担する羽目になるのです。

こういう痛い目にあうと、今度は「新人です」を省いて挨拶をするようになり、知ったかぶって車を出したはいいが、途中道を間違え、お客様からお目玉を食らう・・
やることなすこと裏目裏目、挙句の果てには1時間以上も空車で走り続ける

 まあいいや、俺はハイヤーに乗るんだ
 やっぱりタクシーはだめだな・・・

過去に営業職で経験した苦い思い出とも重なって、すっかりネガティブな感情に心が占拠されてしまうのでした。

こういうスランプ状態に陥った時には、私は自分をリセットする意味でスマホのホームボタンのような、ある起点となる場所を設定し、そこに車を回してお客様が乗り込んで来るまで近辺をぐるぐる周回し続けるといったことをしたのです。

それは、たまった水をかきまわして渦をつくりだす原理に似ていて、お客様を呼ぶ流れを作り出せるという、別段根拠ないやり方だったのですが、これが意外に功を奏しました。
ちょと一風変わった工夫も自由にできてしまうのがタクシー営業の面白さです。

taxi.png

タクシー営業の壮絶さ

研修とはいえ、当時タクシーの就業時間は正規のタクシー乗務員さんと同じ7時出社、8時出庫、翌日午前4時まで20時間勤務。
もちろん休憩はその中で3時間とるように言われてましたが、今のように労働時間の規制が厳格でなかったので、日によっては2時間も休まずに動いたこともありました。
しかし、どんなに大変な思いをしても営収の精算を終えると明けの日が休みとなるため、仕事と休みのメリハリのきく良いところだと感じています。

深夜の営業 睡魔との戦い

早朝や日中は体の調子がよくて踏ん張りがきくのですが、夕方以降、特に深夜12時をすぎると、睡魔が襲ってきます。これが一番きつかった。
眠気がきたら寝たらいいじゃないかと思いますでしょう?
ところが仕事に流れがあることがわかると適当にできなくなるのです。これは私の性分ですね。

特に研修も後半にはいると仕事に慣れてきて変な余裕も生じたせいか余計に眠気が激しく襲ってきました。
もうろうとしながら空車を走らせていると脇に立つ街路樹が人に見えて、
思わず、あ、お客さんだと 体が勝手に反応してハンドルを切って路肩に車を寄せようとするんですよ・・・

研修時に見せられたドライブレコーダーの事故映像で居眠りしてノーブレーキで前方の駐車車両に突っ込んでいくというのがありましたが、こりゃ狂ってる・・・と見た当時鼻で笑い飛ばしていたのに、実際深夜ハンドルを握ると、こういうことをやらかす危険性は大いにありうると感じたものです。

極めつけは、深夜3時ころでしたか
目黒方面の人気も車もない通りで信号待ちしていたら、前方のタクシーが青信号になっても発信しないので
クラクションを鳴らすのもなんだなと思い右ウインカーをだして追い抜きざまに運転手をにらみつけると
なんと運転手はハンドルを握りしめて固まったまま眠りこけていたのです。

白髪交じりで、もう60をこえていそうな老人でした。
車内で爆睡する姿が気の毒に思えて、怒る気持ちもすっかりなえてしまいました。
at-night.jpg

ハイヤー乗務員もタクシー研修は必要

わずか2か月あまりのタクシー研修によって、お客様を乗せて走ることへの抵抗感がすっかりなくなり、それが自信となって、ハイヤーの仕事の大きな助けとなったことは言うまでもありません。
私はこれらの経験から、どんな人もハイヤー乗務員を目指すのならタクシー研修を通過すべきだという考えを持つに至りました。

ただし、同期入社数名の中には、お客様の対応がストレスとなり、もうこれ以上俺の車の前で手をあげないでくれ・・となるまで精神的に追い込まれ、挙句の果てには、「行ってきます」といって出庫したまま
一日中お客のいないところをぐるぐると走り回り、結局研修期間をまっとうできずに途中リタイヤする人もいたことは事実です。

タクシー運転手に向くタイプとは?

研修を通してタクシーの仕事の面白さや大変さを身に染みて味わったのですが、今ハイヤー乗務員の立場から敢えてタクシー向きの人とはどんなタイプかを言わせていただくなら、
サービス業でありながら、運転手ではなく運転主たりえる立場、いわゆる個人事業主としての側面が強いため、まずは、やる気 積極性、自由、創意工夫、自立、独立 事業主 メリハリ、マイペース、というキーワードに反応される方ではないでしょうか。

会社組織の中に身をおきますが、サラリーマン的感覚をもっていると長続きできないな・・・というのがこの仕事に対する率直な感想です。

タクシー乗務員の募集は途切れることなく出続けています。
それは一方で、人の出入りが激しいことを物語っているわけです。
従って、この業界に飛び込もうとされるなら、それ相応の「覚悟」がいるということでしょう。

暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ

【空港送り】隠れたハイヤーサービスはできてますか?

緊急事態発生

「お気をつけて行ってらっしゃいませ!」

深々とお辞儀をし、海外出張と思われるお客様を都内から成田空港へお送りすると、それまでの約1時間 若干気を張って運転した気持ちがふっとゆるんで思わず、ふーと息がもれます。

そのままハンドルを切り東関道へつながるレーンに入り、ゆっくりアクセルを踏みこみながら

 帰りはいつもの酒々井で一息いれよう

一つの仕事から解放され、酒々井のPAの看板が目に入ってきたころには、その解放感は最高潮に達していくようになります。
そしてPAに入る分岐で左ウインカーを点滅させました。

と、その時です。

いつもの聞き慣れた車載の携帯の音が突如設定していた振動とともにけたたましく鳴りだしました。

mobile-phone-_180.jpg

 営業所からかな・・

あわててハンドルを右手で握り着信者を確認できないまま携帯を耳に押し当てると、電話口にはなにやら聞き慣れぬ声
「申し訳ないが成田空港にきてもらえませんか
 羽田に行ってほしいので・・・」

さきほど降車されたお客様からでした。

「はい承知致しました。少々お待ちください」

こういう時は「どうしたのですか」などと相手の状況をうかがう余裕などありません。
先ほどの解放感は一瞬にしてどこかに吹き飛んでしまい

 はて、どうやって空港に引き返すか・・

この新しいミッションのおかげで頭は完全にスイッチが切り替わりました

「すまないね。」と客様は返事をされたあと電話がきれました。

 さて、どうする?

当然ですが、高速道路はUターンして戻ることはできません。酒々井PAから一番近い出口でいったん高速を降りて再び乗りなおさなければなりませんよね。
ナビで見ると「佐倉」が直近の出口
通常だとここから約10分、佐倉から成田空港まで20分
30分くらいはかかるところをちょっと飛ばしていけば5分から10分は短縮できるか・・・

高速の降り口がはっきりしたため、PA内をそのままスルーしてアクセルを強く踏みなおし、本線に合流すると

しかし・・・いったい何がおこったのだろう

お客様の会社は本社が地方都市にありました。
フライトをキャンセルするほどの出来事といえば、何か会社で重大事故がおこったか・・・親族に不幸があったのか・・・
いずれにしてもただ事ではないはず

緊急事態とはいえ、自分に直接降りかかった問題ではないときは興味本位の気持ちが先行してしまうものですね。

空港でお客様に会えば、何が起こったのか、その原因ははっきりするでしょうが、ああでもない、こうでもない・・と身勝手な考えが頭の中に次から次へと、止めどなく浮かんでは消えていきました

airplane-.jpg

成田空港はセキュリティの検問がなくなったおかげで、そのままスルーし、第二ターミナルの出発階レーンでアクセルを少し強めにふみこんで速度をあげつつ、車寄せレーンに突入し先ほどお客様が降車されたあたりまで近づくと、スーツケースを手にして立たれるお客様の姿が視界に飛び込んできました。

「お待たせいたしました」

荷物をトランクに積みなおして後部座先へドアサービスでご案内し運転席にもどると

「すまないが、羽田空港へ向かってくれるかな」

そう指示される声が私の背中にささりました。

「はい、かしこまりました。」

フライトをキャンセルした理由

呼び戻された理由を私がいち早く聞きたがっていることを察してか、車を発進させるとすぐに口を開かれました。

「いやーまいったね。パスポートを忘れてしもうた・・」

「はい、ええ?」

あまりに唐突に、でも、小さい子供がいたずらがばれてちょっと恥ずかしい・・というようなそぶりをみせながら、さらに言葉が続きました。

「間違えて家内のやつをもってきていて出国審査の時に知らずに出してみてわかったんだよ。
いやー失敗した。カバーが家内のと同じだったんでね。」

「そうでしたか・・・」

「今度の出張はベつにキャンセルしてもいいんだけど
 現地の人間がいろいろ準備しているというから・・・」

「はい・・・」

とにかく私は話に相槌を打つしかありませんでした。
私は、お客様が差し出したパスポートが本人のと違っていることを空港職員から指摘されて
ありやまぁ・・
と驚いているお客様の顔を勝手に脳裏に描いていました。

さぞかし驚かれただろうに・・

「以前中国でも似たようなことがあってね。
それは私じゃなくて部下の一人だったんだが、
案内人に預けたパスポートを受け取る際に
誤ってほかの人のパスポートを渡されていたことに気づかずにいて
出国の際にそれが発覚して難儀したことがあったんだが・・・
まさか私がね・・いや〜失策だった。」

この失態の事実を知る人は
お客様の奥様と秘書、そしてハンドルを握るこの私しかいない・・

おもわずこのお客様のアクシデントに
気の毒に・・・といった同情の気持ちが沸き起こったのには
我ながら驚きました。

問題が起きた後の対処の仕方

しかし、それはすぐに余計なお世話であることがわかりました。

「パスポートは羽田に送ってもらうように手配したので。ちょうど羽田から深夜出発する便が取れたというので、それで行くことにしたよ。」

そうなんです。
お客様は私が成田空港に再び戻るまでの30分くらいの時間に毎回乗り付けている航空会社に頼んで
パスポートをすぐに空輸してもらうように手配をし
(こういう芸当ができるのは、やはり企業トップの発想でしょうね。)
秘書には、別便の手配と現地到着時間変更の連絡を指示。
すべての手配は終わっていたのです。

迅速な対応と処理
そして別段それを誇ることもされず、実に淡々と落ち着いた態度

私の方が内心大騒ぎになっていたんじゃないか
もしもこの心の動きを知られたら・・

パスポートごとき忘れて大騒ぎするの?
修学旅行の学生じゃあるまいし・・ハハハ・・

鼻で笑われるに違いない・・

そう考えた途端、先ほどの同情の気持ちは一瞬にして恥ずかしさに変わってしまいました。

やはりトップに立つ人は想定外の問題が生じたとしても、その対処、対応に的確な判断を下し迅速に行動に移している・・その現場の一つを見せられた感がありました。

隠れたハイヤーサービスはできてますか

この話、役員車を担当している人からすれば
運転手である私のドライバーとしての姿勢に問題があると指摘してくるかもしれません。

会長や社長を担当する役員運転手であれば、空港送りの場合、搭乗した航空機が離陸するまで車を空港内に待機させ、突然の予定変更にも迅速に対応できる準備を怠るなかれ・・・というのが基本姿勢じゃないかというものでしょう。
空港のVIP口の駐車場では、そうしたことをきちんと行っているドライバーをみかけます。

確かにその通りですよ。

実は、空港にもどるようにとの連絡を受けたとき、こういう不測の事態が時としておこるからこそ空港送りのドライバーとしての基本行動姿勢があるんだなと少々反省はしていたのです。

まさかこんなことが起こるとは・・・不覚にも・・
そのまさかに備えるのも隠れたハイヤーサービスのはずだった・・

でも言い訳はあります。
役員車なら、搭乗機が離陸したあとは基本的にお迎えまで次のスケジュールがなくなるでしょうから、心置きなく空港で待機できる時間的余裕がある。

しかしハイヤーの場合は現実的に言って、空港までお送りしたら、すぐさまとんぼ返りし、早く車両を営業所にもどして伝票を締めないと、次の仕事の準備ができないのです。
お客様の搭乗する飛行機が離陸するまで待機する時間的余裕がない・・というのが本音です。

そこが役員車とハイヤーとの違いだと思うんですが・・

いやいや、それはあなたやあなたの会社がやってることで
うちは違うよ
そう言われる方もおられるかな・・??

いずれにしても
この空港送りの際の隠れたハイヤーサービス
考えさせられました。

あなたはできてますか?

nayami.jpg


暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
高級車.jpg
  
カテゴリ

ドライバー ブログランキングへ にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
最近のコメント
【参考】羽田空港のVIP口 レアケース
 ⇒ 東京ハイヤーマン (09/07)
 ⇒ (09/07)
ハイヤーのおいしい仕事…ゴルフ送迎
 ⇒ 2年目ハイヤーマン (08/05)
3年ぶりに訪れた首都高八重洲線 東京駅八重洲地下出口
 ⇒ 東京ハイヤーマン (03/16)
 ⇒ マグネシウム (03/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/17)
 ⇒ ATSUSHI (02/17)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/14)
転職先をタクシーにするかハイヤーにするか タクシー研修経験こぼれ話
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/31)
 ⇒ uchukuzi (01/30)
 ⇒ nyantama (12/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (12/14)
 ⇒ nyantama (12/14)
2017年 元旦 新年のご挨拶
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/25)
 ⇒ nyantama (01/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/09)
 ⇒ nyantama (01/09)
ハイヤーの労働環境
 ⇒ nyantama (11/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/22)
 ⇒ nyantama (11/21)
 ⇒ ルパン (11/19)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/07)
ハイヤーの事故
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/16)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/10)
プロフィール
●年齢:50代
●家族:妻・子供あり
●住まい:東京都内
●職業:ハイヤー乗務員
●E-mail:hireman50@gmail.com
●経歴:東京出身。大学を出た後、
    教育関係の仕事に就く。
    一時独立したが頓挫。
    その後いくつかの業種
   (新聞社、病院検査会社、
    不動産、リフォーム建築)
    を経験。2008年、営業系の
    仕事を希望して再び転職活
    動し、唯一内定をもらった
    ハイヤー会社に再就職し
    現在に至る。
ファン







Amazonランキング1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン
⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓
bana-1.jpg
期間限定¥1000 → ¥0




Copyright © 走れ! 東京ハイヤーマン All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

日本レコード商業組合