ハイヤー運転手 ブログ ハイタク業界

東京を走る現役ハイヤー運転手のブログ  仕事内容やエピソード、業界の紹介

記事一覧

新年の恒例儀式 銀行挨拶まわり

 ■ハイヤーの仕事
銀行周り 「まったく毎度この行事って本当に無駄なんだよな」うしろからため息まじりに聞こえてきた言葉仕事始めの4日金融機関へ年始の挨拶のために乗り込んだ企業役員…

記事を読む

No Image

 ■教訓
体が資本2015年は私にとって実に短かい一年でした。仕事以外のことで、何かと気を遣うことが多かったせいでしょう。自分が年を重なるということは、私の親も、そして子供…

記事を読む

お客様は感じている

 ■教訓
ゴルフ仕事で千葉方面に出かけた時のことです時折ハイヤーを利用される方で私も何度かお供をして、顔なじみですそのせいか、一般のお客様より親しげに話かけてくるそうい…

記事を読む

新年の恒例儀式 銀行挨拶まわり

銀行周り 

「まったく毎度この行事って本当に無駄なんだよな」

うしろからため息まじりに聞こえてきた言葉

仕事始めの4日
金融機関へ年始の挨拶のために乗り込んだ
企業役員さんから年始早々ぼやきを聞かされました。

丸の内にある金融機関を目指して
皇居を左手にして日比谷通りを走り、大手町の交差点を右折
永代通りに入るとすぐに目に飛び込んできた光景は
道端にずらりと路駐をする黒塗りの車の行列。

白ナンバーの役員車に混じって
営業車もかなりの数が集結していました。

20160104.JPG

今年も例年通り、
年始の挨拶周りに多くのハイヤーマンたちが駆り出されているようです。
この光景を目にすると、新しい一年が始まったなという実感が湧いてきます。

しかし、後部座席に陣取るお客様の気持ちは
年始早々からまるで儀式のように行う銀行の挨拶周りに
いささか辟易しているようでした。

だからといって
何かこちらから労をねぎらう言葉を投げかけるわけにはいきません。
とにかく我々の仕事は、降車しやすい場所を素早く見つけること。

最悪、横付けするスペースが確保できない場合は
とりあえず縦列駐車した車と車の間にできたスペースに
後部座席のドアを合わせて車を止めて
お客様が安全に降りていただけるように気を配ることしかありません。

お客様が降車されると、
出発時に渡された、分刻みに計画された挨拶回りのスケジュール表を取り出して、次の行き先を再度確認します。

普段であれば、銀行間の移動に5分もかからないところを、3倍の15分かけて移動し、車を横付けできないときは二重駐車(これは完全な違反)も平気でやってのけます。
この日は警察も目をつぶって黙認状態となるほどの大混雑。

メガバンク三行

近年金融機関の統廃合が進み、今やメガバンクと言われるようになった三行(三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行)と取引をしない企業は皆無といってよいので、この年始の丸の内界隈の混雑は年々激しくなっているように感じます。

ちなみに日本取引所のHPをみたら
2016年1月4日現在 上場している企業は合計で3511社でした。
このうちのほぼ7、8割が東京に本社、あるいは支社があるはずですから
この数に匹敵する社用車、ハイヤー車が丸の内を埋め尽くすことになります。

三菱UFJ 本店.jpg三井住友銀行本店.jpg


金の力を最大限行使する銀行

企業にとっては、銀行との付き合いは切っても切れません。
設備投資や、運転資金調達に際して銀行の力を借りるわけですから
年始の挨拶の優先順位のトップに主要取引銀行をおくのは当然のこと。

特に従業員が5千人以上いる大企業ともなると
大きな金額を動かしていくことになるので
常日頃から会合や相談で、役員や、あるいは経理担当者たちが
銀行関係者と顔を合わせているわけです。

さらに、業績が良い企業は、銀行が投資先にその企業の株を購入して運用したりして、より密接な関係を築いていることがわかります。
銀行としても投資先の今後の展望を伺う腹で、
年末になれば銀行側から企業トップを招待して会食を共にしたりするので、
冒頭の役員さんのようなぼやきが出てしまうのも無理ないことかもしれません。

P1020619(2).jpe

業績が良い時は投資対象となり、
企業の経営状況が厳しくなると、貸し渋り、貸し剥がしなどで、じりじりと追い詰めていくと言います。

どちらにしても、
金の力を思う存分に行使する「銀行」に対する企業人の感情は複雑なようで、
主要三行をめぐり、一通りの挨拶を終えた役員さんは降車間際に

「こっちが汗水流して働いて作った金を、銀行は右から左に動かして
食ってるんだからな・・・」とまた、一言。

我々の苦労も知らずに、良いとこ取りしてる。いい気なもんだ・・・
とでも言いたそうな口ぶりでしたが
そこまでの愚痴はさすがに出てきませんでした。

年初めから企業経営陣の言うに言えない胸の内を垣間見たような気持になりました。

ハイヤーマンのため息

ところで、この挨拶回りに同行したハイヤーマンたちの中には、
営業所に戻ってため息をもらして愚痴るものがいるんです。

一日かけてわずか10キロ程度しか走らない・・・

年始は金にならない仕事をする我らハイヤーマンの儀式の日なんですね。

暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村

進化し続けることが安全

体が資本

2015年は私にとって実に短かい一年でした。

仕事以外のことで、何かと気を遣うことが多かったせいでしょう。

自分が年を重なるということは、私の親も、そして子供たちも
年を重ね、変化していきます。

そして一同みな健康でいて下さると、
感謝の気持ちが自然と湧いてきます。

実は、今年、妹が交通事故にあい、
母は朝おきがけにバランスをくずして転倒して
その際に、床に手をついたことで骨にひびが入り、
さらに足首をねんざするという事態が発生しました。

幸い二人とも大事にはならず
軽微なもので済んだのですけれど、それでもひと月は思うように体が動かず
苦労を強いられていました。

今まで元気だった人たちが突然に体の不調を訴えるというのは
自分にとって衝撃が大きかったです。

普段何もなく健康でいられるということの
有り難さが身に沁みました。

何をするにしても体は資本ですからね。

一家の大黒柱

私は50代中盤になり、以前にも増して親の面倒や、
子供たちの教育のことを考えて生活しなければならない立場になりました。

「一家の大黒柱」という言葉がありましたが、
私もいつの間にか背中にいろいろな荷を背負って立つ
一つの家庭の柱的な存在になっていたのです。

自分にもしものことがあったら
家族は路頭に迷う・・・
最低限、健康には気を付けなければ・・


おっと・・
空車時は特に悩みごとを抱えながらハンドルを握るのは禁物。

リスクは大なり小なりありますが、
押し寄せる不安にイチイチびくびくしても始まりませんよね。

「自分が進化し続けることが、もっとも安全である」

わたしの好きな言葉を思い出しました。


2016年 新しい年をどう過ごすのか
自分を進化させる新たな挑戦が必要だと考えました。

皆様、来年も引き続きどうぞよろしくお願い致します。

暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ

お客様は感じている

ゴルフ仕事で千葉方面に出かけた時のことです

時折ハイヤーを利用される方で
私も何度かお供をして、顔なじみです

そのせいか、一般のお客様より親しげに話かけてくる
そういうタイプの方でした

本社が地方にあって、出張で東京に出てこられるとよく利用されます。

その日のゴルフは会社の取引先が主催するコンペで
女子プロと一緒にプレーするという企画となっていました。

ゴルフは企業人の文化

お客様からたまに聞かれることの一つに
「ゴルフはされないのですか?」
というのがあります。

「ある」と答えが返ってきたらゴルフ談義に花をさかせられるのに。。。
そんな気持ちがあってなのか、
あるいは
私のいでたちが、ゴルフができるほど余裕ある姿にみえたのでしょうか

そうであれば、それはそれで嬉しいのですが
私の場合は、ゴルフのクラブセットは所持しているものの
コースに出た経験は一度もなく
10年以上も前に前職のゴルフ好きの上司に誘われて一度だけゴルフ練習場に連れて行かれたのを最後に、クラブはお蔵入りとなりました。

ですから、はっきり言ってゴルフに対する知識はゼロに近い

 ゴルフができるような身分なら、きっとハンドル握ってないですよ
ネガティブな時は心の中でそうぼやいたり・・・

しかし、たびたび仕事でゴルフ場に来るようになると
日本の企業人たちが仕事、そしてプライべーとで、
いかにゴルフを愛し活発に行っていることがわかります。

会社役員ともなると、
ゴルフも「仕事」の一つになっているようにも感じますね。
これは世の奥様方にはなかなか理解されない「男の世界」

企業内、あるいは取引先との交歓、交流の潤滑油として活用していることは間違いありません。一つの文化です。

course1031.jpg


「もしもし、終わりました。車を回してください」

正面玄関に車をつけると
ビールか何かをひっかけた感じで、若干顔が赤らんでいて
後部座席に乗り込むや

「いやー  きょうは参ったね
 やっぱり基本が大切やな」

いきなりどうしたのかと思ったら
今回女子プロとまわりながら、自分の知らないところで動画撮影されていて
プレー終了後のコンペ表彰の場で
自分のプレーする姿を大画面でみんなの前でさらされるとともに
女子プロから、スイングについて色々と指摘を受けたというのです。

「あんな経験生まれて初めてだね
 あんなぶざまな格好をしてプレーをしていたなんで
 ちょっとショックやった・・・」

と言われるわけです。

「今までどなたかインストラクターについて指導を受けたことが
 なかったのでしょうか?」

そう聞いてみると

「いや一度もない」

「そうなんですか・・・」

テレビなどでプロのプレーを見ていれば
自分のスイングがどれほどできていないのか一目見ればわかります。

golfer1031.jpg

私はハンドルを握りながら
このお客様のへっぴり腰でクラブを振り合わす姿を想像し
思わずにたりと笑みを浮かべてしまいました。

すると
「基本というのは大事なんだなあ
 自己流はやっぱり駄目だね・・」

独り言のようにつぶやかれたと思ったら
「車の運転もやっぱり基本というのがあるんでしょ?」

あれ? 
話の矛先を私の方に向けてきたので
これはもしかして、私の運転に落ち度があったのかと
今度はお客様の出方に探りを入れるようにして、

「はい、ございます
 ハイヤー乗務員として入社して最初の3か月間はみっちりと基本を学びますし、
 教官が同乗して運転技術の指導も受けます。」
そう答えたのです。

「違うんだよね
 なんかね、安心感がね・・・」
話しぶりからして、私の運転に対して指摘しているのではないことはわかりましたが・・

「本社でも車があるんだけど・・・
 今乗っている車とおんなじなんだけどね・・」

どうやら、このお客様は本社専属の運転手に対して
不満を吐露していたのです。

東京出張の際は私の会社と、もう一つ大手のハイヤー会社の車を利用するらしいのですが、
出張に来て車に乗るたびに本社運転手との比較をしてしまう。
東京の運転手は任せられる半面、本社の運転手は一生懸命やっているんだけど、
なにかぎこちない。乗っている人を緊張させるような、お任せモードにならないんだな
やたらと発進時に体にGがかかる・・
運転センスがないのかな・・・

酔った勢いなんでしょうか、本音丸出しの発言でした。

なるほど
それで運転の基本について聞いてきたんだな
お客様の腹のうちがようやくわかりました。

お客様は感じている

色々な車に乗る人は、当然車に乗った瞬間から無意識に快不快を感じますから、そこで運転技術が比較されます。
上場企業の役員ポストに収まる人となれば、一般に高学歴でありますし、
普通の人よりもいろいろな意味で能力が高い。
人を見抜く力も当然長けているわけで、ドライバーの運転技術にとどまらず、
ちょっとしたしぐさや言葉遣いの対応などから、無言の評価をしていることでしょう。

以前私が新人時代にダメ出しをくらった話(「おたく 最低だね…」新人時代の苦い思い出)でも触れましたが、
人は自分の不快感を許容できる基準線を潜在的に持っていて、
その線を越えてしまうとクレームとして不満が露出し表面化されてしまいます。

このお客様は、その運転手に直接言ってやるべきか否か、
乗るたびに考えてしまう・・・
と愚痴をこぼしていましたが、よほど目に余る状況なんでしょう。

ただ、その運転手は誠実な姿勢があるだけに、私から運転の基本についてを聞き出して
何か技術的なアドバイスをしてやろうかと思ったのでしょうか。
このお客様が今日女子プロから基本指導を受けたように・・

aqualine1031.jpg

木更津から東京湾アクアラインに伸びる直線コースを走る頃になると
会話はすっと消えて、後ろから静かな寝息が聞こえてきました。

よーし、このまま自宅到着まで目覚めさせないような運転をやってやろう・・

いつになくアクセルやブレーキワークに神経を使ったせいで。
久しぶりに気疲れしました。

やれやれ

暖かな応援クリックを
・・・⇓ ⇓・・・
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
 カテゴリ
 タグ
にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
高級車.jpg
  
カテゴリ

ドライバー ブログランキングへ にほんブログ村 その他日記ブログ 運転手・ドライバー日記へ
にほんブログ村
最近のコメント
3年ぶりに訪れた首都高八重洲線 東京駅八重洲地下出口
 ⇒ 東京ハイヤーマン (03/16)
 ⇒ マグネシウム (03/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/17)
 ⇒ ATSUSHI (02/17)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (02/14)
転職先をタクシーにするかハイヤーにするか タクシー研修経験こぼれ話
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/31)
 ⇒ uchukuzi (01/30)
 ⇒ nyantama (12/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (12/14)
 ⇒ nyantama (12/14)
2017年 元旦 新年のご挨拶
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/25)
 ⇒ nyantama (01/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (01/09)
 ⇒ nyantama (01/09)
ハイヤーの労働環境
 ⇒ nyantama (11/24)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/22)
 ⇒ nyantama (11/21)
 ⇒ ルパン (11/19)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/07)
ハイヤーの事故
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/16)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/10)
道路地図をほとんど使わなくなりました
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/15)
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (08/03)
 ⇒ tachibow (08/02)
【空港送り】隠れたハイヤーサービスはできてますか?
 ⇒ nyantama (11/15)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/14)
 ⇒ nyantama (11/14)
 ⇒ 東京ハイヤーマン (11/11)
 ⇒ nyantama (11/11)
プロフィール
●年齢:50代
●家族:妻・子供あり
●住まい:東京都内
●職業:ハイヤー乗務員
●E-mail:hireman50@gmail.com
●経歴:東京出身。大学を出た後、
    教育関係の仕事に就く。
    一時独立したが頓挫。
    その後いくつかの業種
   (新聞社、病院検査会社、
    不動産、リフォーム建築)
    を経験。2008年、営業系の
    仕事を希望して再び転職活
    動し、唯一内定をもらった
    ハイヤー会社に再就職し
    現在に至る。
ファン






Amazonランキング1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼントキャンペーン
⇓ ⇓ クリック ⇓ ⇓
bana-1.jpg
期間限定¥1000 → ¥0




Copyright © 走れ! 東京ハイヤーマン All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

日本レコード商業組合